シーナック(白内障点眼薬)

 

 

 

キャンC(白内障治療点眼薬)

 

 

 

 

 

シーナックの解説(通販コンソール)

シーナック(C-NAC)は白内障用の点眼薬である「キャンC」のジェネリック版。キャンCは通販で個人輸入すると非常に高価ですが、シーナックなら1/3ほどの価格で通販できます。ベストケンコーで10本まとめ買いすると1本あたり1,080円となり、市販の目薬のような値段で入手できます。

シーナック(白内障用点眼薬)は、白内障に効果があると言われている点眼薬です。また、コンタクトレンズの装填、パソコンでの現業作業、自動車での長距離移動、ニュース番組の視聴、読書などによる眼精疲労やドライアイの修復にも効果が期待されています。視力回復に役立つ製品をお探しの方はぜひご検討ください。本を読んだり、自動車を運転したりするのが難しいと感じる中高年の方に人気が高まっている目薬です。

白内障の経過を注意するニュースがあります。白内障以外にも、角膜ブレーキ、ドライアイ症候群、眼瞼痙攣、開放隅角緑内障、老眼など、目の症状の大半に効果があることがわかっています。また、加齢による白内障だけでなく、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの全身疾患に伴う白内障や、眼球に傷がついて起こる外傷性白内障などもあります。

これまで白内障の治療には手術しかありませんでしたが、N-アセチルカルノシンの研究により、薬を目に塗るだけで白内障の治療を完了し、白内障そのものを改善することが可能になりました。サイナックは、病気の治療だけでなく、否定感や疲労感の発現にも使用できます。風のざわめき、寒さ、タバコの煙、公害など、外部から受ける不快な感覚やトリックを改善することができます。

白内障になると、水晶体が濁って目の見える範囲が映りにくくなったり、外光がまぶしくて困ったりします。C-NACの主成分であるN-アセテルカルノシンは、水晶体を酸化から守り、白内障の手術を改善します。C-NACの有効成分であるN-アセチルカルノシンは、2010年にFDA(米国厚生省)から承認された最新の白内障治療薬で、日本では未承認ですが、世界的に広く使用されています。

C-NACは、犬や猫の白内障の改善効果が認められている目薬です。白内障の主な原因は、加齢により眼球の水晶体が酸化して濁ることですが、C-NACの有効成分であるN-アセチルカルノシンは、眼球の水溶液に入り、酸化分裂剤として働きます。水晶体の濁りの原因は、細胞に含まれるタンパク質の酸化変性にあると考えられています。タンパク質の変性はNGの真逆なので、とにかく一度変性してしまうと元の状態には戻りません。そのため、白内障は初期の段階で治療し、症状を悪化させないことが大切なのです。