バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バルトレックスの解説(通販 タニヤン薬局)

抗生物質のバルトレックスの正規品はネット通販で個人輸入することができます。GSK社の先発品なら1錠150円前後で通販でき、ジェネリックはより安い価格となっています。抗生物質は市販されていないため、個人輸入して常備している方も多いです。

バルトレックスは、英国のグラクソ・スミスクライン社が開発した抗ウイルス剤です。有効成分であるバラシクロビルは、ヘルペスウイルスの増加を抑制し、症状を緩和する働きがあります。バルトレックスは、以前の薬の半分以下の服用回数でヘルペスを治療できるように見直されました。もちろん、ヘルペスの治療効果は維持されていますので、バルトレックスは抗ヘルペスウイルス薬としてメインの選択肢として確立されており、多数の薬を承認する手間だけは熟練しています。

成人の)バルトレックスの服用回数は、症状によって異なります。帯状疱疹の場合は、1回2錠、1日3回服用します。単純ヘルペスの場合は、1日2回、1錠ずつ服用します。性器ヘルペスの場合は、再発を抑えるために1日1回、1錠を服用します。副作用は必ずしも避けられないものではなく、中には重篤なものもあることを知っておくことが大切です。特に初期症状を知っておくと、早めに治療することができます。

アシクロビルは、感染者の細胞内に雪崩れ込み、ウイルスのDNAのコピーを阻害することで、ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスの増殖を抑制します。アシクロビルは、ウイルスに感染した細胞にのみ適用され、ウイルスに感染していない細胞には影響を与えないため、非常に安全です。

バルトレックスは、GSKファーマ社がヘルペスウイルスの治療薬として製造・販売しています。有効成分であるバラシクロビルは、DNAポリメラーゼ阻害剤としても知られています。過去にはアシクロビルを含むゾビラックスがヘルペスや帯状疱疹の治療に広く使われていました。ゾビラックスは、接触感染した細胞にしか薬が届かないため、正常な細胞には極めて毒性が強いのですが、体への負担が非常に少なく、1日5回の服用が必要です。

ヘルペスにかかると、皮膚に吹き出物ができます。完治するのは難しく、一度赤みが消えてもウイルスは体内に潜んでいるので、疲れたり緊張したりすると再発してしまいます。アシクロビルがまれにDNAに取り込まれてリン酸化されるには、感染した細胞に由来する酵素(チミジンキナーゼ)が必要です。ウイルスに感染していない正常な細胞では、リン酸化は起こらないため、アシクロビルはDNAに取り込まれません。

口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹のウイルスは、通常の細菌とは異なる細菌で、人間の細胞の中で皮膚や粘膜を飲み水にさらします。ヘルペスは非常に感染力の強い病気で、表皮や粘膜が破れて付着すると、簡単に接触感染してしまいます。