アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジー 通販の解説(チャレンジャー)

アジー(Azee)はジスロマックの海外ジェネリックで一番売れている商品です。大手メーカーのシプラ製のため安全性が高く、また1錠200円前後とコストパフォーマンスにも優れています。ベストケンコーやオオサカ堂などの大手サイトでは10年以上も売れ続けている定番商品となっています。

アジーは、1錠あたりの成分密度の薄さが高いので、持続性があり、短期間で正常な状態になることができます。症状が改善しても菌が潜んでいて再発する可能性があるため、完治後も1週間は繰り返し投薬することをお勧めします。クラミジア、淋病、梅毒などの性感染症の治療薬である「ジスロマック」のジェネリック医薬品です。

マクロライド系の抗生物質で、抗生物質の中でも副作用の発生率が低く、他の薬剤との相互作用も少ないのが特徴です。アジは、性器クラミジア感染症の治療に広く使用されているジスロマックのジェネリック医薬品です。性器のかゆみ、痛み、膿の排出、異常な排出など、クラミジアの症状のほとんどに効果があります。また、歯周病菌や肺炎マイコプラズマにも効果があり、クラミジア以外の多くの病原菌に対しても抗菌力を発揮します。

アジはジスロマックのジェネリック医薬品であり、アドバンテージで購入することができます。クラミジア以外にも、この細菌が原因で多くの病気が引き起こされます。それと同じように、個人輸入代行サイトの通販購入の利便性も大きいです。アジの総称はアジスロマイシン水和錠で、接触感染症の原因となる細菌を殺す抗生物質です。アジスロマイシンはイギリスで1991年から発売されており、世界138カ国で承認されているとされています

アジスロマイシンは、症状が治まってから1週間程度服用することが推奨されています。クラミジア治療の第一選択薬であるジスロマックは、500mgの錠剤しかなく、一度に2錠飲む必要があります。” 1mg錠のアジーの場合、これがさらに少なくなり、1回の摂取発生でクラミジア治療ができるようになります。

アジーは、クラミジア治療薬として最初に選別された「ジスロマック」と同じアジスロマイシンを主成分とするジェネリックで、同等の効果が期待できます。価格もおよそ半額というメリットがあります。ジスロマックにはない1,000mgの錠剤があり、1錠でクラミジアを治療することができるのが特徴です。

アジーの有効成分であるアジスロマイシンは、クラミジアには毎日複数回の服用が必要で、1週間は同じ場所に留まっている他の薬と比べて、1mgを1回服用しただけで10日間も効果が持続するという非常に長い作用時間を持っています。アジーは、シプラ社が製造・販売する「ジスロマック錠」(ファイザー社)の一般名です。シプラ社は、インドに本社を置く製薬会社で、ジェネリック医薬品の著名なメーカーとして知られています。