ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノキシジルタブレットの解説(通販ダイレクト)

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は生え際・M字ハゲにも有効な発毛剤として知られていますが、国内では正式に認可はされていません。そのため、オオサカ堂やアイドラッグストアーなどの海外通販サイトから個人輸入するのが一般的です。最安値でミノキシジルタブレとを販売するオオサカ堂では、1錠20円ほどの低コストで購入可能です。

タイのT.O. Chemicalsが開発・販売しているミノキシジルタブレット(ノキシジル)は、ロニテンのジェネリック医薬品です。高血圧症の治療に開始できる降圧剤ですが、AGA(男性型脱毛症)の治療にも効果がある育毛剤として人気があります。ミノキシジルタブレット10mgには高濃度のミノキシジルが10mg含まれているということは、ピルカッターを使って分割して体内に取り入れることができるので、ジャンボな経済性と効率の良さを実現しています。

ミノキシジルは、血行を良くする効果もあります。毛細血管の血流が増えて、毛乳頭に栄養が行き渡りやすくなり、髪の毛の成長を開くこともできます。ロニテンのジェネリック医薬品であるため、先発医薬品に比べて低価格で購入することができます。塗布群の育毛剤に比べて手間がかからず、均一に塗布されるため、非常に使いやすい薬です。

ヘアサイクルの成長期には、毛母細胞が細分化されて大きくなり、髪の毛を作るために活動しています。簡単に言うと、毛母細胞は髪の毛の元となる細胞で、毛母細胞に指示を出すのが毛乳頭です。毛乳頭は、毛母細胞の成長を調整する役割を担っています。ミノキシジルタブレットの成分であるミノキシジルは、この毛乳頭に作用して、毛乳頭細胞を増殖させます。

ミノキシジルタブレットには、有効成分としてミノキシジルが5mgまたは10mg含まれています。10mgを分割して服用するのが、コストと効果のバランスが最も良いとされています。ミノキシジルタブレットは、タイのTO MED社が製造しています。ファイザー社が開発した「ロニテン」(別名ミノタブ)のジェネリック医薬品です。

AGA(男性型脱毛症)は、テストステロンが5αリダクターゼ酵素によってジヒドロテストステロン(DTH)に変換され、毛母細胞の抑制が阻害されることで、ヘアサイクルに影響を与え、脱毛や抜け毛が発生する疾患です。有効成分であるミノキシジルには血管圧迫作用があります。この作用により、血流が改善され、頭皮の隅々まで栄養分が行き渡るようになります。

ミノキシジルタブレットの育毛効果は、飲み続けてこそ守られるものです。薬で育毛を守るためには、高血圧症の治療薬として使用した場合に起こることが知られている副作用に注意し、できるだけ長く服用を続けられるようにすることが必要です。ミノキシジルタブレット(ノキシジル)は、日本ではAGフリーエージェント治療で有名なリアップと同じ有効成分ミノキシジルを配合した薬ですが、リアップの外用薬とは異なり、ミノキシジルタブレットの内服薬です。