プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロペシアの解説(クスリロイヤル 通販)

日本でも薄毛改善の手段して認知されてきたプロペシア(Propecia)ですが、AGAクリニックだと値段が高いのがネックです。実は海外製品を個人輸入することができ、オオサカ堂やアイドラッグストアーなどの通販サイトで手軽に注文できます。個人輸入通販ならAGAクリニックの1/5ほどのコストでプロペシアを使用でき、格安のジェネリックもあります。

有効成分であるフィナステリドは、男性ホルモンであるDHTの生成に必要な5αリダクターゼ酵素を阻害することで、DHTの生成を抑制します。テストステロンの役割は、男らしいスタイルや男性の意欲を守ることですが、このDHTには髪の毛の成長を停止させる働きがあります。

臨床試験では、プロペシアを半年を超えて1年間服用し続けることで、AGAの施術を減らすだけでなく、見た目の空気を改善できることがわかっています。5αリダクターゼには、1型と2型の2種類があります。5αリダクターゼ1型は皮脂腺に多く存在し、皮脂の分泌やニキビに関係しています。5αリダクターゼ2型は、頭頂部の様々な場所に存在し、髪の成長組織に関係しています。

プロペシアは、2005年に日本で発売された2番目にメジャーなAGA治療薬です。もともとアメリカでは前立腺疾患の治療薬としてプロスカー5mgとして承認されていましたが、1mgという低レベルの容量で研究された数値が、毛髪の本数を減らす効果があるということで、AGA治療薬として発売されました。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、発毛に関係する2型の5αリダクターゼ酵素に作用します。5αリダクターゼ酵素の働きを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成本数を減らし、抜け毛をブロックすることができ、強い発毛効果が明らかになりました。
1992年には前立腺肥大症(BPH)の治療薬「アドバンスカ」(フィナステリド5mg)が、1997年にはAGA治療薬「プロペシア」が承認されました。

前立腺肥大症や前立腺がんを正確に発見することができず、実際には前立腺がんが陽性であるにもかかわらず、健康診断の結果が陰性となることがあります。ですから、前立腺肥大症などの有無を調べるために健康診断や人間ドックを受ける場合は、何があってもプロペシアを服用していることを医師に報告してください。

強力な発毛剤ではなく、あくまでも脱毛症の処置を抑制する薬です。ですから、髪の毛が少なくなったことに気づいたら、できるだけ早く服用を開始することが大切です。発毛効果を期待するのであれば、プロペシアとミノキシジルを併用するのがおすすめです。フィナステリドは、日本皮膚科学会のガイドラインで最高ランクのAを獲得していることからも、AGAの引き締めに効果があると認められています。

5αリダクターゼという酵素は、男性ホルモンであるテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化させる役割を持っています。男性型脱毛症は、この強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによって引き起こされます。妊娠中の女性がプロペシアを服用すると胎児に影響を与える可能性があるという報告があるので、女性はプロペシアを服用してはいけません。