アボダート(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

アボダートの解説(通販 アジール薬局)

アボダート(Avodart)はデュタステリド配合のAGA治療薬です。日本で発売されている「ザガーロ」と同一成分の商品で、悪玉男性ホルモンDHTを抑制する働きがあります。オオサカ堂やJISAなどの海外通販サイトからアボダートは購入でき、フィナステリド(プロペシア・フィンペシア)から乗り換える人も増えてきました。

アボダートは、男性型脱毛症(AGA)に効果があります。AGAの原因となる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を抑制することで、髪の毛の乏しさを改善します。AGAは、男性ホルモンであるテストステロンに5αリダクターゼという酵素がくっついてジヒドロテストステロンを生成し、髪の成長ペースを乱すことで起こります。この酵素の働きは、主に皮脂腺に存在する1型5αリダクターゼと、油分の少ないそれぞれの集団に多く存在する2型5αリダクターゼの2つの系列に細分化されます。

作用機序は、経口投与されたデュタステリドが血管を通過して頭皮や前立腺に到達します。そしてデュタステリドは、頭皮の皮脂腺に存在する1型の5αリダクターゼ、毛根(乳頭)や前立腺に存在する2型の5αリダクターゼと結合します。これにより、テストステロンと5α-リダクターゼの結合を阻害し、互いに競合して前立腺肥大症やAGAの素因となるDHTの付加を抑制します。

その他、「男性の男性型脱毛症」の場合にのみ有効であり、その他の男性の脱毛症には使用できず、効果や副作用が明確でないため、20歳未満の方には使用できません。また、女性の脱毛症にも使用することはできません。アボダートを約半年ごとに服用すると、肥大した前立腺によって圧迫されていた尿道が正常に戻り、頻尿や残尿感などの前立腺肥大症の症状が消失します。

アボダートの主成分であるデュタステリドは、テストステロン(男性ホルモンの一種)をDHTに置き換える酵素である5αリダクターゼを阻害します。前立腺肥大症と男性型脱毛症の両方に効果があるのは、デュタステリドが5αリダクターゼを阻害することができるからで、両方の症状に5αリダクターゼが関与していることがわかっています。

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが活性化することで発症すると言われています。アボダートは男性ホルモンを抑制する効果があり、従来の薄毛治療薬よりも明るい成分が配合されているため、大きな効果が期待できます。世界中の多くの人に支持されている治療法です。アボダートの薬の副作用にリビドー減退、ED、頭痛、発疹などがありますが、発症頻度は低いです。

アボダートは、ブリテン社のグラクソ・スミスクライン社(GSKファーマ)が販売している医薬品で、前立腺肥大症の治療薬だったほか、AGA治療薬としてデュタステリドを主成分とする安価なジェネリック医薬品「デュタボルブ」などがあります。アボダートは、重度のAGA(男性型脱毛症)の方や、従来の髪の毛の少ない治療法では効果が得られなかった方のAGA治療薬になります。