トリキュラー21(低用量ピル)

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

ピルの解説(通販ビーナス)

低用量ピル・アフターピル(緊急避妊薬)はネット通販で購入することができ、ベストケンコーやオオサカ堂、アイドラッグストアーなどの個人輸入代行サイトを利用すれば日本語で手軽に注文できます。低用量ピルではトリキュラーやマーベロンが人気で、アフターピルではアイピル(iPill)が売れ筋です。初めてピルを通販される方は定番商品を購入するのがおすすめです。

トリキュラーは避妊効果だけでなく、月経不順の改善や月経痛の軽減、肌荒れやニキビなど女性の天敵の治療にも優れていることが知られており、人気の理由の一つとなっています。トリキュラーは、プロゲスチンであるレボノルゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを有効成分とする第2世代の三相性ピルです。

2つに分類された女性ホルモンのうち、黄体ホルモンの配合量の大きさを3段階で管理することで、自然なホルモン分泌を模倣しているため、避妊効果が高い状態を維持すると、ホルモンの総量が減少します。

ヤーズは超低用量ピルで、海外ではPMS(月経前症候群)やニキビの治療薬として承認されています。また、定期的に飲むことで避妊効果を得ることができます。ヤーズの効果は、服用を開始してから約1週間後に見られます。ヤーズを服用すると、月経周期が変わり始めます。ヤーズが効果を発揮し始めると、月経困難症を短縮したり、避妊効果が得られます。

ヤーズは黄体ホルモンの有効成分としてドロスピレノンを使用しています。超低用量ピルの最大のメリットは、PMSとしても知られる月経前症候群の症状を大幅に軽減できることです。月経困難症、PMSの緩和、経口避妊薬としての効果もヤーズにはあります。また、月経前・月経中の不快感の緩和、避妊、体のむくみの改善にも効果があります。

トリキュラーEDは、ドイツの大手製薬会社であるバイエル社が量産・開発した、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを主成分とする避妊用ピルです。トリキュラーは、1979年に商品化された三相性低用量ピルです。三相性低用量ピルとは、2つのジャンルの女性ホルモンの量が異なる3つの錠剤を時間差で服用する低用量ピルのことです。日本国内のクリニックで処方してもらうことができます。低用量ピルをはじめとする避妊薬は保険適用外のため、すべて自費診療となります。

低用量ピルは子宮内膜の増殖を抑え、受精卵が羽床になりにくい状態にします。子宮内膜は受精卵のベッドの役割を果たしているので、子宮内膜を増殖させて厚くすることで、受精卵が着床しやすくなるのです。

日本で人気の低用量ピルとして知られるアンジュは、有効成分として卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体形成ホルモンのレボノルゲストレルを配合しています。赤・白・黄の3色の錠剤を服用することで、ホルモンの正常な分泌を促し、排卵を抑制し、妊娠を予防することができます。ヤーズは、月経困難症の治療および妊娠の予防に使用できます。