ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

マーベロンの解説(通販エージェンシー)

マーベロンは比較的飲みやすいとされる低用量ピルで、定期的に服用することで望まない妊娠を避けることができます。「ノベロン」「ジュリアナ」など1ヶ月700円ほどで通販できるジェネリックもあり、低コストで使用することができます。

マーベロンのような低用量ピルは、避妊効果に加えて、月経痛・月経不順の改善や更年期障害の予防も期待できます。、デソゲストレルとエチニルエストラジオールの混合量が固定されているという均一性のおかげで、どのピルを先に飲んでも大丈夫なのです。つまり、経口避妊薬の標準である、同じ日に同じ量のピルを服用する必要がないのです

マーベロンは、製造元であるMSD社の正規品ですので、安心してお買い求めいただけます。卵巣や子宮を休ませ、子宮内膜の増殖を抑えることで、子宮内膜症や禁欲症の予防にも効果があります。低用量ピルは1日中飲み続けることで効果を発揮する避妊薬ですが、途中でホルモン量が変化する3相性のヒト用低用量ピルとは異なり、ノベロン(無増量エロン)0.15mg+0.03mgは摂取中のホルモン数が一定の1相性タイプです。マーベロンが人気を博しています。

マーベロンは、著名な製薬会社であるMSD社が創製・販売している経口避妊薬です。日本では「マーベロン錠21・28」の商品名で販売されています。安心して使える効果が証明されていますが、他の避妊薬に比べて女性ホルモンの量が最も少ないのが特徴です。副作用の少ない健康的なピルと言われており、低用量でも効果的で服用しやすいのが特徴です。注意したいのは、低用量ピルを服用すると、乳がんや子宮頸がんの発がんに失敗する可能性が高くなるので、定期的に検診を受ける必要があるということです。

ホルモンバランスの乱れによるニキビや肌荒れ、更年期障害などの改善という即効性に加えて、骨粗鬆症の予防効果、髪の毛の成長を速やかに改善する効果、低用量ピルを長期的に服用することによる卵巣がん、子宮体がんなどの予防効果があります。近年、詳細な開発が行われ、製品に組み込まれています。

マーベロンは、1錠中のホルモンの比率を集中的に調整した一相性の錠剤です。1錠ごとに成分の嵩が異なる三相性ピルのように、不用意に飲み込む心配がありません。ノベロンは、国内の産婦人科で高い処方率を誇るマーベロンのジェネリック医薬品で、成分や効果は同じですが、先発医薬品のマーベロンよりも低価格で購入することができます。数ある低用量ピルの中で最も多くのホルモンが含まれていることを考えると、人口の少ない日本人に適しており、副作用も最小限に抑えられています。

マーベロンは、大手店舗の医薬品製造会社であるMSDが創製・開発した低用量ピルで、日本の産婦人科で最も多く処方されています。”ピルを飲むと妊娠できなくなるのではないか “と心配される購入者の方もいらっしゃるかもしれませんが、マーベロンは将来の妊娠を妨げるものではありません。