フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアの解説(通販くすりロイヤル)

フィンペシア(Finpecia)はフィナステリド1mg含有の薄毛治療薬です。インドの大手メーカー(シプラ社)製ということと、値段が1錠30円と安いため、日本では長年人気となっています。最近では「フィナロ」や「フィナロイド」といった類似商品も登場し、これらも人気が伸びてきています。

主成分のフィナステリドは、髪の成長を妨げるホルモンに作用して、髪の乏しさや抜け毛を再確認させ、細く短かった髪を太く長持ちする髪に育てる効果があります。日本での臨床試験では、被験者の98%という驚異的な数字が効果を発揮しました。

使用する際の注意点としては、効果を維持するためには継続して体内に入れる必要があります。フィンペシアの服用を中止すると、1年程度で増えていた髪の毛が服用開始前の状態に戻ってしまいますので、結果を止めないためにも、実際にはフィンペシアの服用を続けるべきだと思います。

以前のフィンペシアには、添加物の一種であるキノリンイエロー(タールのような色を残すコーティング剤)が含まれていましたが、オオサカ堂やベストケンコーで販売されているフィンペシアには、キノリンイエローは含まれていません。ヨーロッパやオーストラリアでは、キノリンイエローの使用が制限されています。また、食品の着色料としても使用されていますが、日本では内服薬や料理への使用は認められていません。

フィンペシアとプロペシアは、男性型脱毛症に対する有効性や治療上の有用性が同じであるだけでなく、有効成分の含有量も同じであり、1錠を365日飲むだけという長期的な使用方法も同じです。

AGA治療薬として人気の高いプロペシアのジェネリック医薬品で、1錠30円という低価格で購入することができ、プロペシアから乗り換える消費者も少なくありません。フィナステリドは、日本表皮科学会のAGA診断方針において、ミノキシジル(育毛剤「リアップ」の有効成分)と並んで重要な決め手となる薬剤として推奨されています。

フィンペシア(finpecia)1mgはプロペシアのジェネリック医薬品でもあり、プロペシアのジェネリック通販では最も人気のある医薬品ということになります。有効成分のフィナステリドは、髪の毛の乏しさの原因となる男性ホルモンの一つであるDHTの生成を抑制する効果があります。

有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼII型酵素に作用し、DHTに書き換えられるのを抑制します。フィナステリドは体内の5αリダクターゼⅡ型にのみ作用するため、他のホルモンに影響を与えず、安全性が高いのが特徴です。そのため、長年にわたって服用することができ、長年愛用している方も多くいらっしゃいます。

フィナステリド内服薬がAGAに対して効果的なのは、髪の毛が抜けたり、生えてきたりするのを防ぐことができるからです。ただし、フィンペシアの目を見張るような効果を実感できるようになるまでには、半年程度かかると思っておいた方がいいでしょう。焦らずじっくりと育毛に励むようにしてください。