フィナロ(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィナロの解説(通販ボックス)

フィナロ(Finalo)はフィナステリド1mg配合のプロペシアジェネリックです。フィンペシアとよく比較される商品で、フィナロの方が値段が安く、コストパフォーマンスに優れます。他のジェネリックとしてフィナロイドやフィナバルドといった商品もありますが、フィナロの方が値段は安くお得です。

フィナロの作用の良いところは、これから自然に生えてくる髪の毛を重く強くすることで、抜け毛を防ぎ、髪の毛が乏しいという一連の流れを留めることです。発毛をフォローするためには、ロゲインやカークランドなどのミノキシジル系育毛剤を併用することが推奨されており、AGAの症状が出る前に、できるだけ早くアシストを開始することが大切です。

AGAの主な原因は、脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)で、DHTが毛根の受容体と一致すると、退行期の細い髪が増えたり、ふさふさとした太い頭髪に成長する前に脱毛してしまうことがあるのです。

キノリンイエローという添加物は以前フィンペシアにコーティング剤として使われていました。近年、フィンペシアはキノリンイエローを使用しないで販売されるようになりましたので、フィナロとフィンペシア両者の違いはほとんどありません。

フィナロがインタス社製であるのに対し、フィンペシアはシプラ社製です。どちらもインドの著名な製薬会社であり、ブランドの影響力にはほとんど差がありません。フィナステリドは、発毛を促進するミノキシジルと併用するとより効果的です。抜け毛が気になる場合は、早めに治療しましょう。

フィナロは、ジヒドロテストステロンの使用を抑制し、AGAの症状をカットする勢いがあり、ボリュームのあるしっかりとした髪を実現できる可能性も飛躍的に高まっています。フィナロは、男性型脱毛症AGAの順番を遅らせる5αリダクターゼ阻害剤です。日本でプロペシアとして販売されている治療薬と同じ有効成分であるフィナステリドを配合しています。日本のAGA治療でも多様に使用されている実績のある薬剤です。

プロペシアは有効成分の配合量により0.2mg錠と1.0mg錠の2シリーズがありますが、フィナロは有効成分を1.0mg配合した効果の高い薬剤です。また、これらの有効成分を含む医薬品は、出荷用医薬品として再販が認められていないため、国内のドラッグストアで同様の医薬品を購入することはできません。

ジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼ酵素と男性ホルモンであるテストステロンが結合して生成され、DHTホルモンであるジヒドロテストステロンが生成されるとAGA(男性型脱毛症)が発症し、頭皮が薄くなり、抜け毛が発生します。抜け毛対策には、このような理由があるのです。