カークランド(ミノキシジル5%)

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

 

 

 

 

 

ミノキシジルの解説(ジェネクリ・公式)

ミノキシジル配合製品には「育毛剤」と「タブレット」があります。国内では育毛剤は市販されていますが、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は認可されていません。そのため、海外製品を個人的に輸入(個人輸入)する必要があり、オオサカ堂やアイドラッグストアーといった代行業者を利用して購入するのが一般的です。

AGA治療薬の成分としては、ミノキシジルのほかに、フィナステリドも有名です。フィナステリドは、抜け毛の原因となる大量の物質DHTの力を抑え、抜け毛を防ぎ、ヘアサイクルを正常に戻す効果があります。パートナーであるミノキシジルは、血液の流れを促進し、髪そのものの太さを増やします。

ミノキシジルは日本皮膚科学会でも発毛治療の分野で推奨されていますので、安心してお使いいただけます。最初は高血圧の人が血圧を下げるために飲む薬として考えられていました。それが発毛剤として再現されたのは、治療中のクランケに多毛症が観察されたからです。高血圧患者を対象とした臨床試験の過程で、発毛促進の有用性が発見され、男性型脱毛症の治療薬としてミノキシジルタブレットなどが採用されました。

ミノキシジルタブレットを配合した外用薬(塗布薬)は、日本でも市販されていますが、有効成分が頭皮の隅々まで届きにくいというマイナス点があります。内服薬であるミノキシジルタブレットは、腸で吸収されて全身に浸透するため、外用薬では難しい生え際の発毛にも効果があります。

カークランドは、アメリカのコストコが開発したロゲインのジェネリック育毛剤で、AGA(男性型脱毛症)治療にはありがたい存在です。主成分であるミノキシジルは、毛髪微細血管の拡張により体内の血流を促進し、発毛を促します。ミノキシジルタブレットの「ノキシジル」は、タイのTO MED社が作ったもので、現在も販売されています。ファイザー社が開発したロニテンのジェネリック医薬品で、ミノタブ(仮称)とも呼ばれています。

有効成分であるミノキシジルは、最初は高血圧の治療薬として作られました。しかし、臨床試験では「髪の毛が増える」などの副作用が多く見られたため、育毛剤としても作られました。それが世界初のミノキシジル育毛剤ロゲイン(Rogaine)の開発に繋がりました。ジェネリックではるカークランドは、値段が非常に安く、男性型脱毛症(AGA)、発毛・脱毛症(脱毛症)の治療に適応しています。

ミノキシジルタブレットは、T.O.MED社が開発した経口タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬の決定版です。ファイザー社が開発したオリジナルのAGA治療薬「ロニテン」のジェネリック版です。抜け毛の原因となる血液の流れを悪くして、髪の毛の成長を止めてしまうことがあります。しかし、ミノキシジルで体内の血液の流れを良くすることで、髪の毛に必要な栄養素が十分に現れて髪の毛に訪れるようになり、毛母細胞が活性化して髪の毛の形成が促進されます。