プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロペシアの解説(通販イープラス)

プロペシア(有効成分フィナステリド)や、そのジェネリック(フィンペシア・フィナロイドなど)は海外通販で購入できます。個人輸入代行業者である「オオサカ堂」や「アイドラッグストアーは」は月間で1万人以上もの人が利用し、毎日多くのレビューが投稿されています。

プロペシアのAGA改善効果は、有効成分が体内に残らなければ期待できません。早ければ投薬開始から3ヶ月後には抜け毛が減り、新鮮な髪の毛が成長・発育するという傾向が見られます。

プロペシアは、MSD株式会社が日本で創製・販売している世界で最も有名な男性型脱毛症治療薬です。プロペシアは世界で最も有名な男性型脱毛症治療薬で、日本ではMSD株式会社が創製し販売しています。有効成分として1錠に1mgのフィナステリドが配合されており、5αリダクターゼ阻害剤として知られています。

AGAの患者数は2014年から2017年の4年間で急増しており、現在全国で1,200万人以上の方がこの病気に苦しんでいます。プロペシアは、男性型脱毛症の治療薬として世界60カ国以上で承認されている内服薬です。有効成分フィナステリドを含有し、Merck Sharp & Dohme社が製造・販売しています。

プロペシアは以前からバランスの良いAGA治療薬として知られていますが、当初は前立腺肥大症や前立腺がんを治療するための抗アンドロゲン薬として開発されました。しかし、臨床試験でプロペシアを服用した男性に発毛・育毛効果が認められたことから、AGA治療薬として検討され、完成しました。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、AGAの実際の原因である男性ホルモン(DHT)の産生量を減少させます。そうすることで、ヘアサイクルの乱れを抑え、AGAや発毛の寿命を延ばすことができるのです。AGAは、髪の毛の退行・移行・成長(ヘアサイクル)を妨げる男性ホルモン(DHT)の量が増え、その結果、前頭部や頭頂部の髪の毛が少なくなり、徐々にアクセスに進行していく病気です。臨床試験の結果、プロペシアの有効成分であるフィナステリドの作用が、高濃度のDHTの生成を抑制し、髪の毛の欠乏のプロセスにつながるヘアサイクルを巧みに乱すことが明らかになりました。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、高濃度のDHTの生成を抑制し、髪の毛のサイクルを上手に崩して髪の毛が少なくなる過程を導きます。このような場合には、髪の毛のサイクルに合わせて、髪の毛が少なくなっていくことになります。臨床試験では、プロペシアを半年から1年服用することで、AGAの進行を抑制するだけでなく、見た目のアイデアも改善できることがわかっています。

プロペシアは3ヶ月に1回、最悪の状態から半年間服用することで、後継者の体に取り込んで影響が発生します。2~30年の服用で、抜けやすい髪が生えやすくなったり、髪の毛が少なくなる進行を抑えるる効果が期待できます。