バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バルトレックスの解説(通販くすりロイヤル)

日本では市販されていないバルトレックスですが、実は海外製品ならネット通販で購入することができます。ベストケンコーやオオサカ堂、オランダ屋といった個人輸入代行サイトでは安価で正規品を販売しています。

バルトレックスは、主に単純ヘルペスの治療に使用されます。単純ヘルペスは、一般的にヘルペスと呼ばれる病気です。性器に発症した場合は性器ヘルペス、唇に発症した場合は口唇ヘルペスと呼ばれています。イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発した抗ウイルス剤であるバルトレックスは、有効成分であるバラシクロビルがヘルペスウイルスの増殖を抑制し、症状を緩和します。

バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、体内でターンオーバーの過程を経て、アシクロビルに切り替わります。アシクロビルは、DNAの重成分の一つであるdGTPと非常によく似た構造をしており、ウイルスに感染した細胞内で一連のリン酸化を経て、dGTPの代わりにDNAに取り込まれます。誤ってアシクロビルを取り込んでしまったDNAは、もはや正常に製造することができない。

ヘルペスの最初の症状は、奇妙な感覚とヒリヒリした感覚です。ヘルペスを繰り返し発症したことのある人は、皮膚症状が現れる前に、水を十分に飲んでいないか、発疹が出ているかどうかを見分けることができるそうです。このような初期の段階でバルトレックスを飲み始めればヘルペスは合理的に簡単に治ります。

アシクロビルは、ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスに接触感染した細胞内に集まり、ウイルスのDNAのコピーを阻害することで、ウイルスの増殖を抑制します。アシクロビルは、ウイルスに感染した細胞にのみ識別可能に作用し、ウイルスに感染していない細胞には害を与えないため、非常に安全です。

バルトレックスは、ゾピラックスを改良した第二世代の抗ウイルス薬で、パラシクロピル塩酸塩を主成分とし、ヘルペス、鉱水疱瘡、帯状疱疹の治療に効果があります。水痘(みずぼうそう)から帯状疱疹、口唇ヘルペス、性感染症である性器ヘルペスまで、幅広いヘルペスの接触感染症を治療します。

バルトレックスは、抗ヘルペスウイルス薬に分類される抗ウイルス化学療法剤です。帯状疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペス、飲水性発疹などのヘルペスウイルスによる感染症の治療に使用されます。有効成分アシクロビルは、ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスのDNA複製を阻害することで、接触感染した人の細胞に雪崩れ込むのを防ぎます。ウイルスに感染した細胞にのみ作用し、ウイルスに感染していない細胞には影響を与えません。