フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアの解説(ncpa)

フィンペシア(NCPA)はインド製のプロペシアジェネリックです。有効成分としてフィナステリド(Finasteride)を1mg含み、男性の抜け毛や薄毛(男性型脱毛症)の改善効果が期待できます。ミノキシジル育毛剤(ロゲイン・カークランド・フォリックスなど)やミノキシジルタブレットとの併用が推奨されています。

フィンペシアは1日1錠の定期的な服用で、フィナステリドの効果は使用開始から6ヶ月後に現れることが多いようです。いつでも服用できるので使いやすく、毎日決まった時間に服用すれば効果が実感できます。個人差はありますが、最低でも3ヶ月は続けることをお勧めします。続ければ続けるほど効果が出てくるとされています。

フィンペシアは、ドラッグストアや薬局では購入できませんが、個人輸入サイトで通販することができます。オオサカ堂やベストケンコーなどでは、1容器100錠入りのフィンペシアを低価格で販売しています。

フィンペシアは、フィナステリド1mgを有効成分とする経口タイプの男性型脱毛症(AGA)治療薬です。フィンペシアは、日本ではAGA治療薬として有名なプロペシアの海外ジェネリックで、インドの大手店舗型製薬会社シプラ社が製造・販売しています。プロペシアのジェネリックの中でも、フィンペシアは販売されているプロペシアのバリエーションとして最も人気があり、最強のAGA治療薬と言えます。

注意点としては、効能を継続して発揮させるためには、継続して体内に取り入れる必要があります。フィンペシアの服用を中止しますと、1年程度で増加が見られた髪の毛が服用開始前の状態に戻ってしまうことが確認されていますので、影響力を継続させるためにも、必ずやフィンペシアを継続的に服用するようにしてください。

DHTの抑制を目指してフィンペシアを服用すれば、脱毛の順番を先延ばしにするだけではなく、コシのある頭髪に変えることも期待できます。なお、フィンペシアは男性の脱毛症の発毛にのみ有効なので、女性が服用することは想定されていません。事故防止のためにも、女性はフィンペシアを服用してはいけません。

対応する育毛剤と付属の育毛剤を併用すれば、効果はさらに高まります。また、ミノキシジルタブレットは、他の育毛剤と併用することで効果を高めることが可能です。例えば、「フィンペシア」と「ツゲイン10%」や「フォリックス」の併用が推奨されています。

フィンペシアを6ヶ月(24週間)服用すると、服用当初に比べて不釣合いなほどの改善・改良が見られ、結果的に「髪の毛の処置にスカスカ感がなくなった」ということになります。

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが、毛髪周期(ヘアサイクル)の成長期を短くし、停止期を長くすることで起こります。テストステロンは、毛根の毛乳頭に存在する5αリダクターゼという酵素と衝突することで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。このDHTというホルモンが抜け毛を促進するのです。

フィンペシアを使えば、髪の成長サイクルが良い状態になります。成長サイクルが構築され、毛髪の健康状態が改善されている頭髪に外用育毛剤を使用するのが効果的です。プロペシアだけでも低成長を改善できますが、ミノキシジルの発毛促進効果を加えることで、さらに発毛を促進することができます。