フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアの解説(通販ショッパー)

フィンペシア(Finpecia)は通販でオンラインショッピング可能です。海外製品のため輸入する必要があるのですが、手続きを代行してくれる「個人輸入代行サイト」を利用すれば、非常にスムーズに個人輸入が可能です。ベストケンコー・オオサカ堂・JISA・アイドラッグストアーなどの代行業者がネットでは人気です。

長年の投薬が考えられるAGA治療において、フィンペシアとプロペシアの総費用を比較すると、投薬後6ヶ月間の費用の差は25,000円、1年間の費用の差は50,000円以上となります。フィンペシアは、MSD株式会社が開発プロペシアのジェネリック医薬品で、シプラ社が製造しており、キノリンイエローを不使用のバージョンです。

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素の関係で作られます。フィナステリドは、2型の5αリダクターゼを阻害することで、DHTの生成をアドバイスし、抜け毛を抑制します。以前は40歳以上の男性に好まれていましたが、近年では20代、30代の男性にも使用されるようになっています。抜け毛は自然なことですが、悩んでいる方はぜひこの製品を試してみてください。

有効成分フィナステリドの服用による即効性は、頭頂部や前頭部に発生し、柔らかくコシのない髪や抜け毛が増えることで訪れるAGAという抜け毛の経路を抑制することです。フィナステリドはこれらの部位に作用してヘアサイクルを改善し、プロペシアの臨床結果からほぼ確実に抜け毛のプロセスを放棄する効果があることが証明されています。

フィンペシアは、抜け毛の原因となる酵素(5αリダクターゼ)を阻害し、ヘアサイクル(髪の毛が生えたり生え変わったりする周期)を整えます。プロペシアに使用されている有効成分と同じフィナステリドが、経口AGA治療薬に使用されており、AGA成熟期への効果は同じです。抜け毛や髪の毛が少なくなる原因となる酵素である5αリダクターゼを阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで、AGAの発生を阻止します。

日本では、フィンペシア1mgと同じ有効成分を組み込んだプロペシアという薬を処方してもらうことが可能です。男性型脱毛症などの治療は、日本では保険が採用されておらず、すべて自費診療となります。そのため、ジェネリックであるフィンペシアの個人輸入の方がかなりコストを抑えれます。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、前立腺肥大症の治療薬としても使われています。前立腺肥大症の治療薬の研究では、抜け毛の減少や発毛などのAGA症状が改善されることがわかり、AGA治療薬としての開発が進められました。効果を実感するには、前後180日の一定の期間が必要です。また、反作用が現れた時点で断念すべき薬ではなく、その後も継続して体内に取り入れることで抜け毛対策や育毛につなげる必要があります。

フィナステリドの作用により、抜け毛の原因となる男性ホルモン(DHT)の量が減り、毛乳頭が正常に解離するようになります。その結果、毛髪の成長期のタイミングが延び始め、スカスカ状態が改善されます。ジヒドロテストステロンは、脱毛症の原因となるだけでなく、過剰に生成されると、前立腺肥大症やニキビなどの病気を引き起こす可能性もあります。