ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノタブの解説(ジェネクリ)

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は海外個人輸入でしか入手できません。オオサカ堂やJISA、アイドラッグストアーなどの通販サイトでは輸入手続きを代行してくれ、Amazonなどと同じようにネット通販でミノタブを購入可能です。業界大手のオオサカ堂では、ミノタブとフィンペシアのお得なセット商品も販売しています。

有効成分であるミノキシジルを経口的に体内に導入する錠剤です。ミノキシジルを主成分とする外用剤(育毛剤)と比較して、薄毛・抜け毛に対する効果が高いのが特徴です。2ch(5ch)などの掲示板では、M字ハゲや生え際にも効果があると評価されています。

ミノキシジルは毛根に直接作用して、細胞の成長とタンパク質の合成を促し、発毛を促進します。他の有名なAGA治療薬であるフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)とは異なる作用機序のため、これらの5α還元酵素阻害剤と同時に使用することができます。

ミノタブは内服薬であるため、リアップやロゲインなどの塗布薬と比較して、より高い発毛効果が期待できます。また、塗り薬では難しい、生え際のAGAにも効果があると言われています。また、分割して服用すれば1回当たりのコストを抑えることができるのも魅力です。

ミノタブは、血管を拡張して血行を良くし、毛根への血流を改善することで発毛を促すのに有用であり、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として有名なプロペシアやフィンペシアなどの抜け毛予防薬と併用することが可能です。

ミノキシジルタブレットで一番人気は「ノキシジル」(Noxidil)という商品で、タイの大手製薬会社が製造販売しています。5mgと10mg版があり、10mg版を購入する方が多いです。2.5mg版はありませんので、10mgや5mg版を分割して服用してください。

ノキシジルはジェネリック医薬品で、先発医薬品は「ロニテン」と呼ばれています。日本ではミノキシジルは外用育毛剤「リアップ」の有効成分としておなじみですが、この製品は日本では承認されていないミノキシジルの経口育毛剤です。ミノタブには副作用があるため日本で承認される可能性は低いと思われます。そのため、ミノタブを入手するには今後も海外製品を個人輸入するしか方法はないでしょう。

ミノタブは、脱毛の原因となる男性ホルモン(DHT)の増加を抑制するプロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド製品と併用することもできます。髪の毛の少ない進行方法を圧縮するフィナステリドの効能と、頭皮の血流を促進して発毛を促すミノタブの動きが組み合わさることで、抜け毛を止めて髪の毛を増やす効果が期待できます。

毛根にある毛乳頭は、ヘアサイクルを落ち着かせる非常に貴重な器官です。この部分に栄養がきちんと循環していると、髪の毛が張りのある健康な状態で育ちやすくなります。逆に、頭皮部分の血液の流れが粗悪な場合は、発毛がうまくいかない可能性が高くなります。ミノキシジルは頭皮の血行を改善し、毛乳頭への栄養補給をサポートします。

ミノキシジルなどの発毛剤は、他の薄毛治療薬と併用した方が良いでしょう。頭頂部のAGAにはフィナステリド、前頭部や全頭のAGAにはデュタステリドが効果的です。そのため、ミノタブはフィナステリドもしくはデュタステリドとの同時使用が推奨されています。

ミノタブの有効成分であるミノキシジルの作用機序には、毛母細胞の活性化による発毛・育毛への驚くべき関与が考えられています。頭皮全体を活性化させる内服薬として使用でき、ロゲインやリアップなど通常の外用育毛剤に比べて生え際の発毛にも効果があるとされています。