レビトラ20mg

バリフ(レビトラジェネリック)

 

 

 

 

 

レビトラの解説(ジェネクリ輸入 代行)

海外製のレビトラはネット通販で個人輸入でき、輸入手続きを代行してくれるサイトを利用する男性は近年増えています。ただ、バイエル社の先発品は1錠2,000円前後で値段が高いため、バリフ・サビトラ・センフォースなどのジェネリックを購入される方も多いです。ベストケンコーやオオサカ堂ではジェネリックが多数揃っています。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、すぐに体内に浸透し、EDの主な原因である酵素(PDE5)の働きを抑えることで、男性機能の低下などのED症状を改善します。レビトラは、バイアグラの欠点を解消し、効果が現れるまでの時間をさらに短くしたED治療薬です。短時間で強力に効くものが欲しいという方におすすめのED治療薬です。

有効成分として1錠にバルデナフィル20mgを配合し、水などで服用するだけで十分な効果が得られるため、非常に使い勝手の良い商品です。また、半分もしくは1/4に分割しても十分効果が得られるため、コストパフォーマンスも優れています。

レビトラのED再検証効果は、ED症状のある男性283名を対象とした臨床試験の結果からも裏付けられています。試験は12週間行われ、有効成分バルデナフィル5mg、10mg、20mgを服用するグレードと、プラセボ(有効成分が存在しない偽薬)に分け、行為の1時間前に服用してもらいました。その結果、多くの男性で有効性が確認され、ドイツのバイエル社が世界で初めて製品化に成功しました。

勃起を抑制するPDE5という酵素には11種類が存在することが知られていますが、バルデナフィルは主に海綿体に存在するPDE5に対して、より浸透性の高い作用を示し、高い選択性を示します。バルデナフィルは、主に陰茎の海綿体に存在するPDE5に高い選択性で作用し、他のPDEにはほとんど作用しないため、副作用が起こりにくく、強い勃起反応が得られます。

レビトラは2004年に日本で承認され、バイアグラ(シルデナフィル)に次ぐED治療薬として注目を集めました。持続性と即効性の改良に加え、空腹時に飲んでも効き目があり、今ではバイアグラよりも人気があります。肝心の効き目に関してはほとんど同じだと感じる男性が多いです。

レビトラは、食後や大量の飲酒をした後でも効果がしっかりと感じられます。また、服用後30分~1時間後ですぐに高い勃起力を発揮してくれるためとても分かりやすいED治療薬です。シアリスは持続時間が1日以上と長いですが、効き始めまで時間がかかり、効果もさほど強くありません。

レビトラを服用した時の効果は、服用量によって異なります。5mgで73.1%、10mgで85.3%、20mgで86.4%となっています。レビトラを使用する場合は、10mgまたは20mgが一般的です。10mgと20mgでは効き目にほとんど差がなく、成分量の差が作用時間の距離となって現れています。10mgで約5時間、20mgは7~10時間も持続します。最適なレビトラの服用量を決める際には、持続時間を目安に考えてみてください。

レビトラが服用後、有効成分の血中濃度が最高レベルに達するまでの時間は50分ほどです。なお、実際に効果が実感できるまでの時間については、バイアグラ(30分)、シアリス(1時間)に比べてレビトラ(15分)が最も早いです。