サビトラ20mg

 

 

 

バリフ20mg

 

 

 

 

 

サビトラの解説(通販 グリーン薬局)

サビトラ(Savitra)は海外製で最も人気のあるレビトラ・ジェネリックの1つです。バリフと並んで鉄板の商品とされ、大手サイトのベストケンコーでは1200件以上のカスタマーレビューが投稿されています。1錠100円ほどで通販でき、カマグラゴールドなどよりも安く購入できます。

サビトラ10mg錠は、20mg錠だと成分量が多すぎて体に合わない方のために、控えめな分量から始められるように開発されました。10mgの持続時間は約5~6時間、20mgの持続時間は約8~10時間です。ただ、20mg版を購入して半分に分割して服用した方がコスパが良いため、分割の手間が面倒でない人には20mg版がおすすめです。

サビトラの有効成分であるバルデナフィルは、ホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害剤です。体内に存在するPDE酵素は1から11までの11種類あり、PDEグループ5は陰茎に多く存在します。サビトラの効果は、通常、服用後30分ほどで現れます。効果の持続時間は使用する用量によって異なり、10mgでは5時間、20mgでは8時間持続します。

加齢や生活習慣病、緊張などで陰茎への血液供給が弱くなると、勃起を引き起こす酵素(PDE5)が増加し、勃起ができなくなってしまいます。ED治療薬は、勃起取り締まり酵素であるPDE5酵素の働きを阻害することで血管を拡張し、より多くの血液をペニスに供給して勃起を促します。

レビトラジェネリックの主成分であるバルデナフィルは、勃起を阻害する働きを持つPDE5を阻害する効果があります。そのため、PDE5阻害剤とも呼ばれ、ED治療薬の成分として好まれています。女性がサビトラを服用しても興奮することはありませんので、女性は服用しないよう注意ください。

サビトラを初めて服用する方や、自分の悪習慣に合う用量がわからない方は、成分量にが控えめのサビトラ10mg錠をお選びください。サビトラ10mgで満足のいく効果が得られない場合は、一度に2錠(バルデナフィル20mg)まで摂取量を増やすことができます。

サビトラの有効成分であるバルデナフィルは、バイアグラ(有効成分シルデナフィル)の弱点である食事の影響を受けにくく、即効性のあるED治療薬です。バイアグラやカマグラゴールドなどで満足のいく結果が得られなかった方にお勧めの薬です。

サビトラは、レビトラと同じ有効成分を含むレビトラのジェネリック医薬品です。有効成分はバルデナフィル塩酸塩水和物で、PDE5という酵素を応用のようにブロックするPDE5阻害剤です。ホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害することで、ペニスの血管を小さくする効果があります。