ザモカル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

オルリガル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ザモカルの解説(通販カンパニー)

ゼニカルジェネリックのザモカルは最近人気のダイエット医薬品です。イギリス製なのですが、日本向けに日本語の説明書が用意されているので、ダイエット薬を初めてお使いになる方でも安全です。ベストケンコーやくすりエクスプレスでは、1錠あたり100円未満で購入できます。先発品のゼニカルと比べてかなり安く、長期使用にも向いています。

ザモカルは食事と一緒に服用することで、体に迅速な影響を与えます。服用後24~48時間で認識できない脂肪が混じった便が排泄されることが期待できます。ザモカルを減量薬として体内に取り入れることで、高血圧や糖尿病などの生活習慣病も予防することができます。薬の効き目が強すぎたり、減量がすでに限界まできていると感じられる場合は、一旦ザモカルの服用を中止してみましょう。

ザモカルの先発品であるゼニカルは、日本では承認されていないので保険適用はありません。したがって、日本でゼニカルをクリニックで入手するには、個別に注文して所属するクリニックで入手するしかありません。

脂肪が全身でより優れている場合には栄養素として消化吸収されますが、その分解を行うのがリパーゼという酵素です。リパーゼは、脂肪分が体内に入ってくると大量に生成され肥満体型の一因となります。

ザモカルは、適切に継続的に服用することで、ダイエットに効果を発揮します。しかし、短期間で急激な体重減少が見られたり、逆に3~40週間経っても体重の改善が見られない場合は、継続して使用するか、専門家の助けを借りることを前提にしてください。副作用としては、下痢や便失禁、欲を言えば生殖もありますが、これは吸収されていない脂肪が便と一緒に体外に排出されるためです。特に、ステーキや揚げ物など大量の脂肪を含む食事をした後は、その傾向が強くなります。

ザモカルは、減量のための医薬品として世界中で人気を集めているゼニカルのジェネリック医薬品です。脂肪の吸収を阻害するため、脂溶性ビタミンが体内で不足する可能性があります。そのため、脂溶性ビタミンが不足しないように、オールマイティなビタミン剤で補うことが推奨されています。脂溶性ビタミンが体外に排出される際に、β-カロテンやビタミンA・D・E・Kも同時に便から排出されてしまい、栄養が不足してしまいます。そのため、ザモカルを服用する際には、ビタミン剤を同時に使用することが推奨されています。

有効成分であるオルリスタット120mgは、脂肪分離酵素の働きを抑え、食事によって体内に吸収される脂肪の約30%をカットし、体に脂肪を溜め込まないようにするとともに、便としてスムーズに排出します。脂っこいものをたくさん食べて体にこびりついた脂肪は、運動や食事管理をしてもなかなか燃焼されず、ダイエットを途中でやめてしまう原因のひとつになっています。ザモカルは、脂肪分解酵素の影響力を弱め、体内に染み込んだ脂肪を約30%カットして体内に蓄積するのを防ぎ、便としてスムーズに排出します。

ザモカルを食事と一緒に摂ると、食事の脂肪分を約30%減らすことができますが、脂溶性のビタミンA・D・E・Kなど、体に必要な栄養素が不足しがちになります。この不足分を補うためには、マルチビタミンを組み合わせて使用するのがベストです。ザモカルとビタミン剤をセット販売しているサイトも多いです。