ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジスロマックの解説(クスリロイヤル 通販)

ファイザー社の製造するジスロマックの海外版は個人輸入で通販できます。先発品だと値段は少し高いため、ジェネリックのアジー(Azee)を購入される方が多いです。アジーなら1錠あたり200円前後で、ジスロマックと同様の効果が期待できます。非常に評価が高く、2ch・5chなどの掲示板、SNSなどでもアジーを使っているとの口コミをよく見かけます。

クラミジアなどの細菌による接触感染は、細菌がタンパク質と合成し、接触感染した部位に集中することで起こります。症状は、患部の炎症と発熱が特徴です。ジスロマックは影響力の持続時間が長いため、クラミジア菌が増えようとしている瞬間に抗菌作用を見逃すことがありません。

ジスロマックを製造しているファイザー社は、数々の優れた医薬品を世に送り出していることから、2013年には売上高で世界第1位の製薬会社となりました。最近はニュースでよく耳にする会社ですのでご存知の方も多いかと思います。

ジスロマックは、アジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系抗生物質です。クラミジア治療の第一選択薬として知られており、ファイザー社が製造しています。クラミジアや淋病などの細菌による接触感染症に効果があり、アジスロマイシン水和物を主成分としています。

有効成分のアジスロマイシン水和物は、顕著な殺菌効果を持ち、効き始めるまでの時間が早い性感染症の治療薬として評価されています。クラミジア治療薬の場合、服用を開始すると日にちによって多少の変化が予想されます。症状に気づいたらなるべく早く服用することが推奨されています。

抗生物質には、ペニシリン系・マクロライド系・セフィム系などの種類があります。ジスロマックは、マクロライド系に属する抗生物質です。マクロライド系抗生物質では最もよく使われるものの一つです。

ジスロマックは、クラミジアなどの感染症に効果のある抗生物質です。ジスロマックは即効性があり、薬を使うと1日以内に効果が現れることもあります。ファイザー社が扱う医薬品の中でも最も知られた商品であり、日本でも同じ系統のジスロマックが承認され、接触感染症の治療薬として多くの医療機関で処方されています。

呼吸器系の接触感染症、クラミジアや淋病などの性感染症(尿道炎や子宮頸管炎)、皮膚疾患、耳鼻科、歯科感染症など、いわゆる接触感染症の非常に幅広い治療に世界中で使用されています。

ジスロマックは、有効成分としてアジスロマイシンを含むマクロライド系抗生物質です。マイコプラズマ肺炎・歯周病・副鼻腔炎など、クラミジア以外の疾患の治療にも使用されます。ジスロマックは、標的となる細菌の因子を幅広く選択できるため、ほとんどの病気の原因となる細菌の増殖を防ぐ効果があります。