アイピル(アフターピル)

 

 

 

エラ(エラワン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アフターピルの解説(通販ラウンジ)

アフターピルにはノルレボ(アイピル)やエラワンなどがあります。これらは個人輸入通販で入手でき、クリニックへ行くことなく購入できます。届くまでの日数は1週間~2週間ほどですので、余裕をもって注文するよう気をつけてください。

緊急避妊薬には2つのタイプがあります。ノルレボとヤッペ法(プラノバール)です。ヤッペ法(プラノバールを2錠服用し、昼過ぎにさらに2錠服用しなければならない手法)と比較してノルレボは、避妊効果が高く副作用が少ないことから緊急避妊薬として正式に承認されています。

海外の臨床試験では、妊娠阻止率の可能性はノルレボが85%、ヤッペ法が57%となっています。同様に、副作用である吐き気は、ノルレボで23.1%、ヤッペで50.5%、嘔吐はノルレボで5.6%、ヤッペで18.8%と報告されています。

アフターピルの効果は、性行為の後、どのくらいの時間をおいて服用するかによって異なります。もちろん、あくまでも可能性の話ですから、100%妊娠しないとは言い切れませんが、避妊に失敗したと自覚している人は、なるべく服用した方がいいでしょう。アフターピルは個人輸入代行業者からオンラインショッピングで購入することもできます。

アフターピルの中心的な副作用としては、吐き気、頭痛、下腹部の痛み、胸の不快な感覚、疲労感、子宮からの出血などが考えられます。
病院や診療所などの医療機関で処方される場合ですが、すべての医療機関で処方できるわけではありません。経口避妊薬(低用量ピル)を扱っている医療機関であっても、アフターピルは扱っていないと言われることもありますので、不要な交通機関を利用しないためにも、処方してもらう前に必ず病院やクリニックに確認しておきましょう。

病院やクリニックに行く余裕がない女性に海外製品の個人輸入はお勧めの方法ですが、使い方だけは専門家からしっかりと確認してください。

アフターピルによる避妊は長期間使用する方法ではありません。しかし、避妊具の破損やパートナーの誤射などで妊娠の可能性が高い場合に、それを回避するための一時的な避妊法です。毎回の行為後にアフターピルを使うのは体に負担が大きいのでお控えください。

行為中に避妊具が破損した場合や、避妊具を放置した場合、本人の同意なく性交を促された場合、本人の意思に反して妊娠を断念したい場合など、日常の緊急時の備えとしてお勧めします。また、子宮筋腫の治療薬としても使用されることもあります。

服用後に副作用で嘔吐した場合、有効成分が体内に十分に吸収されず、避妊効果が得られない可能性がありますので、ご注意ください。嘔吐した場合に備えて、いくつか予備を購入しておくことをお勧めします。

エラワン(EllaOne)は、次世代の緊急避妊薬として現在世界中で注目されています。モーニングアフターピルとも呼ばれ、ノルレボ(アイピル)よりも効果が高いことから、欧米では最も人気のある薬の一つとなっています。従来のアフターピルよりも効果持続時間が長いのが特徴です。

ノルレボやアイピルの使用目安が行為後3日であるのに対し、エラワンは行為後5日となっています。そして、95%以上の確率で効果があると言われています。エラワンには値段が高いというデメリットがありますが、万が一のためにいくつか持っている女性も多いです。