トリキュラー21

 

 

 

ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

トリキュラーの解説(通販 ポーター薬局)

トリキュラーは市販品でなく、ドラッグストアや薬局では直接購入できません。その一方、海外製品の個人輸入ならネット通販で気軽に入手できます。安い通販サイトなら1ヶ月1,000円もかからないため、長期間続けやすいのもメリットです。

トリキュラーの有効成分は、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルです。トリキュラーは、避妊効果に加えて、生理不順の改善や生理痛の抑制にも効果があり、肌荒れやニキビなど女性特有の悩みを解決してくれることも人気の理由の一つです。

トリキュラーの服用をやめれば、通常、生理は2ヶ月周期に戻り、妊娠することができます。一生妊娠しなくなるわけではないのでご安心ください。三相性の低用量ピルで、適切な順番で服用することで、28日間の期間中、有効成分を徐々に増やしていくことができるのがトリキュラーの強みです。

排卵がなくなるのは、卵胞の成熟につながるホルモンの分泌が抑制されるからです。低用量ピルを服用して女性ホルモンを体内に取り入れるということは、体内で女性ホルモンがたくさん分泌されている、つまり妊娠しているということだと脳下垂体が理解するからです。

低用量ピルは黄体ホルモンの種類によって第1世代から第4世代に分類されますが、トリキュラー21は第2世代にあたります。トリキュラーは自然界に近いホルモン比率を持っているので、正しく服用すれば、トリキュラーはほぼ確実に低濃度で体に負担の少ない避妊が可能です。

日本では、トリキュラーは1999年に「経口避妊薬」として承認されました。安定した避妊効果が認められ、40年近く使用されてきた長い歴史を持つトリキュラーは、ほとんどの産婦人科で処方される経口避妊薬として広く使われています。副作用の少ない低用量ピルなので、これまでピルを飲むことに抵抗があった方や、初めて試すという女性にも人気です。

トリキュラーは、女性のホルモンによる体内の変動を利用した避妊薬です。ホルモンバランスを整えることで、ニキビや吹き出物の改善、生理痛や生理不順の緩和、貧血の改善などの効果があります。

トリキュラーと並んで個人輸入で利用者が多いのがマーベロンです。マーベロンは低用量ピルの中でも第3世代と新しい世代で、効果を維持したまま主成分の大部分を少量に抑えているため、従来の低用量ピルよりも副作用が少なくなっています。

低用量ピルは、排卵を抑制することで、卵巣や子宮を休ませ、ホルモンバランスを整えることができます。そのため、避妊効果以外にもすばらしい効果があります。例えば、月経困難症、PMS(月経前症候群)、子宮内膜症、更年期障害、難治性のニキビなどの治療にも確実に効果を発揮します。

マーベロンは、ニキビ、ムダ毛、不正出血などの副作用が少ないプロゲスチンであるデソゲストレルを配合した第3世代の経口避妊薬です。1相性のピルなので、飲み忘れの心配がありません。ジェネリックの「ノベロン」は、オルガノン社が製造・販売する商品で、個人輸入で大変人気があります。

低用量ピルは計画的でない妊娠を防ぐために開発されました。服用すると、排卵が起こらないようにして妊娠を防ぎます。避妊効果は、長期間連続して服用することで得られます。効果が出る頃には、体内の環境がほぼ整っているため、高い確率で避妊効果が得られます。低用量ピルの効果は、摂取量を変えなければ維持できます。