アイピル(アフターピル)

 

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

 

 

アイピルの解説(通販クスリロイヤル)

アイピル(i-Pill)は海外製アフターピルの人気商品。大手サイトであるベストケンコー(BESTKENKO.com)では10錠を7,500円で販売しています。1錠750円からのお手頃価格で入手できるため、もしもの時のために購入される女性が増えています。1箱1錠入りですので、なるべく5箱以上購入するのがおすすめです。

ジェネリック医薬品であるアイピルは、先発医薬品のノルレボよりも低価格で購入できます。避妊具の装着ミスなどによる妊娠を避けるため、事前に用意しておく女性が増えてきてきいます。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、緊急避妊効果が強く、吐き気などの副作用が弱い左旋性というアミノ酸のみ抽出されています。レボノルゲストレルは、人工的に作られた女性ホルモンの一種である黄体ホルモンです。すでに排卵が起こっている場合には、レボノルゲストレルを服用することで、子宮内膜の成長を促し、月経を強制的に起こし、着床を抑制することができます。排卵前期の場合は、排卵を調節し、受精を防止します。

アイピルは、性交後72時間以内にミネラルウォーターやぬるま湯で服用します。性交後24時間以内に服用することで、避妊効果の割合が高まり、アイピルは24時間以内に服用すると約95%、72時間以内に服用すると約85%の効果があります。できるだけ早く服用することをお勧めします。

緊急避妊を安価で安全なものにするためには、アイピルを使用する必要があります。アイピルは、避妊に失敗した場合に備えて前もって承認されている緊急避妊薬で、産院で処方されるノルレボ錠と同じ成分なので安全です。同じ効能を持ちながら、1回の服用で700~1,500円ほどと非常に安価なのも魅力です。

アイピルは、性交後に避妊をするためのアフターピルです。性交後72時間以内に服用すれば、高い確率で緊急避妊することができます。早く飲めば飲むほど成功率が高くなるので、状況が許せばすぐに服用するのがベストです。

アフターピルは、性交後に服用する緊急避妊薬。性交時に「避妊具を使用しなかった」「避妊具が破裂した」などの原因で避妊ができなかった場合、72時間以内にアフターピルを服用すれば、80%以上の確率で避妊が可能になります。アフターピルは緊急避妊のためにのみ開始できるホルモン剤で、ノルレボ錠のジェネリックであるアイピルは、1回服用するだけで完了する薬です(緊急避妊用ピル)。避妊をしていない性交後72時間以内に1回、1錠を服用します。1回服用するだけで終了です。

緊急避妊は、避妊具が壊れたり、意図しない行為をしたときに利用できる最後の避妊法です。2回目の性交から72時間以内にピルを服用することで妊娠を防ぐ手法であることから、緊急避妊薬と呼ばれています。また、一般的には「アフターピル」とも呼ばれています。しばらく前から、ノルレボ錠やアイピルを服用する方法と、ヤッペ法と呼ばれる伝統的な方法が主流となっています。