カークランド(ミノキシジル5%)

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

 

 

 

 

 

ミノキシジルの解説(通販チャンプ)

AGA治療に必要不可欠のミノキシジル製品には、外用剤(塗布タイプ)とタブレット(内服タイプ)の2種類があります。オオサカ堂やJISA、アイドラッグストアーなどでは両方をネット通販で販売しています。外用剤にはロゲイン・カークランド・フォリックスなどがあり、内服タイプにはノキシジル・ロニテンなどがあります。

ミノキシジルタブレット(ノキシジル:Noxidil)は、有効成分ミノキシジルを5~10mg含有する摂取型の育毛剤です。海外で使用されている医薬品「ロニテン」のジェネリック医薬品であるため、お求めやすい価格となっています。ミノキシジルタブレットはロニテンのジェネリック医薬品なので、低価格で購入することができ、AGA治療に気軽に取り入れることができます。

ミノキシジル配合製品には外用剤と内服薬があります。これらの製品は、髪の毛の成長に強力な効果を発揮しますので、毛髪が薄くなってきた男性が発毛剤として使用するのに適しています。

ヘアサイクルには、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間があります。ヘアサイクルには「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間があります。頭には約10万本の髪の毛が残っていますが、このヘアサイクルをバランスよく保ち、減少させないことで、髪の毛を維持することが可能となります。ミノキシジルやフィナステリドといったAGA治療薬はこのヘアサイクルを正常にする働きがあります

男性型脱毛症の治療のためのミノキシジルタブレットの既存の投与量は、有効成分5mgです。ミノキシジルタブレットには、5mgと10mgの2種類があり、どちらも短期間で分解できるように製造されています。

外用剤のカークランドは、他のミノキシジル系育毛剤と同様に、初期段階での発毛を促すことに優れています。生え際が大幅に退行してしまった場合には効果が限定的ですので、内服のミノキシジルタブレットが推奨されます。ミノキシジルタブレットは、頭皮以外の血管の成長を促す可能性が高いため、高血圧症の治療にも有効です。

ミノキシジルタブレットの利点は、内服薬であるため、利便性を損なうことなく手軽に使用できることです。水があれば場所を選ばずに服用でき、外用薬のように薬剤が顔に垂れてくる心配もありません。

カークランドは、頭皮に塗布するAGA(男性型脱毛症)治療薬です。有効成分ミノキシジルを5%配合しており、日本で販売されている「リアップX5」や「ロゲイン」と同等の効果が期待できます。

男性型脱毛症とは、一般的に遺伝性の脱毛や髪の毛が少ない状態を指します。数年かけてゆっくりと進行し、目立ってくるヘアサイクルの変化のことです。早ければ20歳頃から始まることもあります。抜け毛の治療には、他にもさまざまな薬があります。ミノキシジルタブレットは経口投与で、体の中から作用するので効果的です。外用の育毛剤よりも効果が高く、生え際の発毛にも効果があります。