ツゲイン15(ミノキシジル15%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲインの解説(通販 セレモニ薬局)

ツゲインは海外製品のため、国内の薬局・ドラッグストアでは市販されていません。ベストケンコー・くすりエクスプレス・お薬なびなどの個人輸入を代行してくれる業者から通販するのが一般的です。2%・5%・10%の3種類あり、ミノキシジル濃度が高いほど強い効果が期待できます。

ベストケンコーが販売するツゲイン10%(ミノキシジル10%)は、香港のSTC(Standards and Testing Centre)という公的機関の認証を受けているため安心して使用可能です。

ツゲイン(Tugain)は、インドのシプラ社が製造・販売しています。リアップの2倍のミノキシジルが配合されており、特に10%濃度の製品は生え際への効果が期待されています。ツゲインを製造・販売しているシプラ社は、ED(勃起不全)治療薬やAGA(男性型脱毛症)治療薬を製造・販売している大手企業であり、悩める男性の救世主となっています。

ツゲインの有効成分であるミノキシジルは、頭皮の血管を進化させ、血流を促進します。これにより、発毛サイクルの異常で抜け落ちた髪の毛の毛母細胞を活性化させ、発毛サイクルを正常な状態に導きます。そのためには、製品を長期間(最低4ヶ月)使い続けることが大切です。ツゲインは使用をやめてしまうと効果がなくなってしまうので、継続して使用するよう推奨されています。

ミノキシジルの副作用としては、かゆみや発疹などがありますので、頭皮がデリケートな男性は医師に相談してから使用してください。

有効成分であるミノキシジルの作用で動脈が開くことで、頭皮の血行が良くなり、毛根に栄養が行き渡ります。毛根に栄養が届くと、毛乳頭では毛母細胞の成長に必要なタンパク質の生成が活発になります。同時に、毛母細胞にATPが届けられ、細胞が活性化され、髪の成長のテンポが速くなるのです。

日本では、リアップにはミノキシジルが5%しか配合されていませんが、ツゲイン10%には2倍のミノキシジルが配合されており、並外れた発毛効果が期待できます。初期の男性のAGA患者さんには、ツゲイン5%が最適です。ツゲイン5%は、臨床試験で投与されたミノキシジルと同じ配合で、臨床試験と同様の発毛効果が期待できます。影響と副作用のバランスも同じなので、髪の少なさが気になり始めたお客様の最初の治療として最適です。

ツゲインは、ミノキシジルを主成分とする育毛剤で、日本では「リアップ(リアップX5)」、米国では「ロゲイン」の商品名で販売されています。頭皮に塗布(揉み込む)することで、力の源が毛根に関与し、血流を活性化して発毛を促進します。ツゲインに配合されているミノキシジルは3段階(2%、5%、10%)に分かれており、ミノキシジルの配合量が多いほど発毛効果が高くなります。

ツゲインは、日本では男性型脱毛症(AGA)の治療薬として有名なロゲイン(リアップ)のジェネリック医薬品であり、ロゲインよりも低価格で購入できる人気の育毛剤です。ツゲインを頭皮に直接スプレーし、マッサージするように揉み込むことで、頭皮の血行を促進し、育毛・発毛効果が得られます。