フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアの解説(最安どっとこむ)

フィンペシアを最安値で販売しているサイトには、「ベストケンコー」(BESTKENKO.com)・「オオサカ堂」・「アイドラッグストアー」などがあります。その中でもベストケンコーでまとめ買いするのが現在最安でフィンペシアを入手する方法です。最近では、フィナロイドなど他の安いジェネリックも人気があります。

フィンペシアは1日1錠の用量で毎日服用し、フィナステリドの効果は180日(約半年)の使用で現れることが多いです。20~50歳のAGA男性を対象に行われた臨床試験では、半年間服用した人の98%が一連の抜け毛を実感。また、1年間の継続使用では、毛髪の脱毛に歯止めがかかっただけでなく、毛量の増加も確認されたケースが大半です。フィンペシアはミノキシジルとの併用も一部で推奨されています。効果を高めたい場合には、フォリックスやツゲインなどの外用剤を一緒に塗布・使用してみてください。

AGA治療のための薬としては、「プロペシア」があります。フィンペシアは、AGA治療で高く評価されているプロペシアのジェネリック医薬品で、プロペシアと同じ成分が含まれているとされています。現在のフィンペシアは、着色料であるキノリンイエローを使用していません。AGA治療の効果を最大限に発揮させるためにも、ぜひご活用ください。

AGA治療で高く評価されているプロペシアと同じ成分「フィナステリド」が1mg含まれています。40代以上の男性に支持されていましたが、近年では20代、30代の男性にも求められ、多くの人が使用しています。髪の毛が抜けるのは当たり前ですが、悩んでいる方はぜひお試しください。

AGAの原因は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。フィンペシアに含まれるプロペシアと同じ成分のフィナステリドは、このジヒドロテストステロンの生成を抑えることで男性の抜け毛を止める育毛剤です。

有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼII型酵素に作用し、DHTに移行するのを阻害します。フィナステリドは体内で5αリダクターゼⅡ型にのみ作用するため、他のホルモンに影響を与えず、安全性が高いのが特徴です。そのため、長期間の服用が可能で、長年愛用している方も多くいらっしゃいます。

キノリンイエローは着色料で、ごく少量であれば内服薬として使用できます。しかし、フィンペシアをはじめとするAGA治療の内服薬は、3~40年の服用を前提とした特別なものですので、キノリンイエローを全量供給することに抵抗や不安を感じる解釈があるのも事実です。
因みに、3~40年も薬を飲み続けている人は、抵抗感や不安感が強いと思われます。

使用上の注意点は、効果を維持するためには継続して体内に取り入れる必要があるということです。フィンペシアの服用を中止すると、約1年で発毛が服用開始前の状態に戻ってしまいます。