グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

オルリガル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

グルコバイの解説(通販ダイレクト)

高血糖を改善するグルコバイは海外製品を個人輸入することが可能です。ベストケンコーやオオサカ堂、お薬なびなどの輸入代行業者では格安でグルコバイを販売しています。クリニックでは「ダイエット目的」ではなかなか販売してくれないため、減量のために海外から通販する人は非常に多いです。

グルコバイ(Glucobay)は、食後の急性の血糖値上昇を抑制する薬剤です。日本で承認されている「グルコバイ錠」と同じ有効成分を包含しており、主に糖尿病の食後過血糖の改善に使用・導入されています。

有効成分であるアカルボースは、糖の九州を抑えることで、血糖値の急激な上昇を防ぐ糖尿病治療薬です。臨床試験では、糖尿病患者さんの改善率が78.9%という結果が出ています。グルコバイを食前に服用することで、糖の把握を穏やかにし、食事に戻った際の血糖値の過剰上昇を防ぐことができます。

グルコバイは、従来の血糖降下剤とは異なる新しいタイプの糖尿病治療薬です。その作用機序から「α-グルコシダーゼ阻害剤」と呼ばれ、その臨床効果から「復食時高血糖改善剤」とも呼ばれています。食後の血糖値の上昇を緩やかにすることで、糖をより効率的に手に伝えることができると考えられています。グルコバイは、食後の血糖値が上がりすぎるのを防ぐという直接的な効果と、糖の代謝を改善するという即効性により、糖尿病を総合的に改善する薬剤として扱われています。

グルコバイは、運動療法、食事療法、インスリン投与、血糖降下剤などで治療効果が得られない場合にのみ使用してください。副作用としては、膨満感や鼓腸、おならの回数が増加、軟便の回数が増加、お尻の下痢、腹痛、便秘などがあります。重大な副作用としては、低血糖症、腸閉塞、肝機能障害、黄疸などが考えられます。また、重度の肝硬変患者に投与すると、便秘をきっかけに高アンモニア血症を発症し、意識障害を起こすことがあります。

グルコバイは、アカルボースを有効成分とする糖尿病治療薬です。ドイツのバイエル社が製造・販売しています。インスリンは、血液中の血糖値を均一に保つ働きがあります。インスリンは、糖をエネルギーに変えることで血糖値の集計をきれいにしますが、変えるスピードには限界があります。血糖値の急激な上昇によりスイッチを切れなかった糖は、中性脂肪として蓄積され、肥満体型になってしまうことがあります。

グルコバイは、α-グルコシダーゼ阻害剤です。軽度の糖尿病患者がこれらの薬剤を単独で適用するのに適しています。食事療法や運動療法で効果が得られない場合に使用されます。特にグルコバイは、空腹時に血糖値が上がるのはお財布に優しくないが、食後の血糖値が高い患者さんに使用されます。

有効成分アカルボースは、そのα-グルコシダーゼの働きを阻害することで、グルコースがブドウ糖に分離するのを遅らせます。その結果、ブドウ糖が体内に吸収されやすくなり、食後の血糖値の上昇を抑えることができるのです。食後高血糖を改善する効果があるため、糖尿病の方で食後高血糖を改善したい方は、グルコバイを服用するとよいでしょう。