ドクタイン(エムラクリーム)

 

 

 

 

 

エムラクリームの解説(通販ワールド)

エムラクリームは、有効成分であるリドカインとプロピトカインを含む麻酔薬です。インドのNeon labまたはat oriesが創製し、販売している薬です。アストラゼネカ社が米国で開発したエムラクリームのジェネリック医薬品で、成人での使用に続き、小児への使用も拡大されています。

エムラクリームは局所麻酔薬であり、塗布した部位の感覚のみ麻痺させ、全身への影響が少ないという特徴があります。男性は、早漏防止クリームとしてエムラクリームの使用が認められています。痛みを和らげる目的で使用されることが多く、皮膚レーザーを使用する際にも有効です。ただし、皮膚のヒリヒリ感や赤みなどの副作用が報告されていますので注意が必要です。

患部にエムラクリームを塗ると、痛みが大幅に妨げられることがあります。手術やレーザー注射による脱毛、注射や点滴など、皮膚に痛みを伴う治療を行う際の局所麻酔と役立ちます。主に、皮膚へのレーザー治療を行う際の痛みを和らげるための麻酔薬として、また、注射や静脈穿刺の際の痛みを和らげるために使用されます。

エムラクリームは、皮膚レーザー照射治療、注射針、静脈穿刺時の表皮の表層部の痛みを軽減するために使用される局所麻酔薬です。使用方法は多岐にわたりますが、早漏防止のために下半身へ少量塗布することで、長時間に渡るプレイを楽しむことが可能になります。

エムラクリームには、リドカインとプリロカインという2つの有効成分が含まれています。どちらも医療現場で広く使われているアミド系局所麻酔薬に分類され、浸透性と堅牢性を備えた麻酔薬とされています。他の麻酔薬に比べてアナフィラキシーショックなどのアレルギー反応を起こしにくいのが特徴です。

この薬は、ヒトの皮膚細胞のナトリウムチャネルを阻害することで、神経細胞内のナトリウムイオンの流入を遮断します。これにより、神経が感覚をキャッチすることを阻害し、最終的に麻酔が効くようになるのです。

エムラクリームは安全性が高いとされていますので、医師の指示のもと、満足のいく容量変更を行えば、大人だけでなく子供にも使用することができます。治療や処置に伴う痛みが、一時的なピリッとした感覚で終わらず、苦痛になっても記憶として残り、その後の処置を困難にするものが、医療の長年の問題です。特に子どもの場合、痛みを伴う医療行為を受けることに大きな精神的負担を感じるため,家族や同居人にとっては、治療や処置に伴う痛みを軽減することが重要です。