スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

リオサイトメル25mcg(リオチロニンナトリウム)

 

 

 

 

 

スピロテロールの解説(クレンブテロール)

スピロテロール(クレンブテロール)は気管支拡張剤ですが、脂肪燃焼および筋肉増強作用もあります。ネット通販で個人輸入する方の多くは後者の目的で購入されています。アナボリックステロイドのように体への大きな負担がないとされ、女性ユーザーも多いです。オオサカ堂やオランダ屋などの人気の個人輸入代行サイトでは非常に評価の高い商品です。

スピロテロールは、クレンブテロール塩酸塩を有効成分とする気管支拡張剤です。非ステロイド系の薬剤なので、ステロイド特有の副作用を気にすることなく使用することができます。気管平滑筋のβ2受容体に作用することで、狭くなった気管支を伸ばし、スムーズな呼吸ができる状態へと誘います。これにより、喘息やアレルギー反応で見られる咳などの症状が緩和され、息苦しさが解消されます。

スピロテロールの主成分はクレンブテロール硝酸塩で、気管支拡張剤としてスピロペント錠やトニール錠として医療機関で処方されていますが、ドラッグストアなどで販売されている市販薬はありません。

クレンブテロールをラットに投与して同化作用を調べたところ、クレンブテロールは腓腹筋の筋肉量、タンパク質、RNAサイズを有意に増加させ、副睾丸脂肪健康量のサイズを減少させました。交感神経を興奮させ、骨格筋の血管を拡大させる働きがあるため、筋肉増強効果があります。このため、アナボリックステロイドの代替品として使用する人もいます。

スピロテロールは、クレンブテロール塩酸塩を有効成分とする気管支進化薬です。非ステロイド系であるため、ステロイドのような副作用がありません。また、先発医薬品の一つであるスピロペント錠をベースに開発されたジェネリック医薬品であるため、スピロペントと同等の効果が期待できます。

スピロテロールは、West Coast社が販売している気管支拡張剤です。主成分はクレンブテロール塩酸塩で、日本で承認されているスピロペント錠と同じものです。気管支を拡張して、より多くの酸素を取り込めるようにする働きがあり、瞬発力や運動効率の向上が期待できます。

クレンブテロールはアドレナリンβ2受容体に作用し、気管を広げて呼吸を楽にしたり、尿道の筋肉を萎縮させたりするため、喘息、気管支炎、腹圧性尿失禁などに使用されます。発作が起きた場合は、他の即効性のある喘息薬が必要になることもあります。スピロテロールには少量の同化作用がありますが、オキシメトロンやメタンジエノンなどのステロイドではないことも人気の要因となっています。過度な筋肥大効果はないが、マイルドな筋肉増強剤とされている。

有効成分であるクレンブテロールは、交感神経を興奮させるβアゴニストの一つに分類され、その第三世代と考えられている。クレンブテロールには主に2つの効果が認められており、筋肉増強効果とともに体脂肪燃焼効果が期待されています。

スピロテロールの筋肥大効果は、アナボリックステロイドであるスタノゾロールやオキサンドロロンと同様の効果があると考えられている。他のアナボリックステロイドとは異なり、ホルモン製剤ではないため、自分の男性ホルモンに影響を与えず、男性機能への副作用の可能性が少ないことが人気の理由です。