アボダート(ザガーロ・ジェネリック)

デュタボルブ(ザガーロジェネリック)

 

 

 

 

 

デュタステリドの解説(通販ボックス)

デュタステリドはフィナステリドと共に男性の薄毛に対して改善効果が認められています。国内ではザガーロが承認されていますが、高価なため同一性成分配合の商品を通販で個人輸入する方が増えています。アボダート・デュタプロス・デュタボルブ・デュタスといった商品をオオサカ堂やアイドラッグストアーから購入可能です。

デュタステリド0.5mg配合のアボダートは、抜け毛をケアするだけでなく、これまでの育毛剤に比べて育毛・発毛効果が格段に高い製品です。個人差がありますが、体への影響をあまり感じずに自然に服用することができます。アボダートの効果は、過剰な量のDHTの悪影響を抑え、薄毛の進行を抑えることにあります。AGA治療にアボダートを使用する場合は、毎日同じ時間を目安にして服用するよう推奨されています。

前立腺肥大については、デュタステリド0.5mgを1日1回服用したところ、24週間後の前立腺クラスが25.3%低下したのに対し、偽薬では8.7%低下しました。デュタステリドは5αリダクターゼを阻害するため、DHTも減らす作用があり、前立腺肥大症の方に1日1回0.5mgを6ヶ月間服用していただくことで、DHTの血清濃度を89.7%減少させることが確認されています。

DHTによってヘアサイクルが乱れると、成長期の毛髪が十分に回収されず、軟毛になってしまいます。デュタステリドによってDHT濃度が緩和されると、成長期が回復して髪が再び大きくなるため、抜け毛や髪が少ないという症状が改善されるのです。デュタステリドを0.5mg含むAGA治療薬ザガーロや、同じ成分含有量の大きさであるアボダートも、同程度の薄毛改善効果があるとされています。

前立腺肥大症と男性型脱毛症の両方に効果があるのは、デュタステリドが5αリダクターゼを阻害できるからで、どちらの症状にも5αリダクターゼが関与していることが分かっています。フィナステリドが5αリダクターゼ酵素のI型のみを阻害するのに対し、デュタステリドはI型とII型の両方を阻害します。また、血中のテストステロン自体は弱めないことを考えると、男性機能への副作用が少ない薬剤と考えられます。

アボダートは、グラクソ・スミスクライン社(GSKファーマ)が販売している医薬品で、デュタステリドを主成分としています。アボダートの前立腺肥大症治療への有効性は、50歳までの前立腺肥大症のクランチを対象とした臨床試験で証明されました。プラセボ(成分を含まない偽薬)で開始した試験で、1年間の治療後に前立腺のかさが陰性になる可能性を比較したところ、アボダートを服用した病気の人では33.8%の陰性が確認されました。プラセボ群の低下率は10.8%であり、アボダートの前立腺肥大症に対する有効性が示されました。

アボダートの黄色のカプセル剤には、ジヒドロテストステロンの生成を阻害する5αリダクターゼ酵素の3重阻害剤として知られるザガーロやアボダート、前立腺肥大症治療薬として日本で承認されているアボルブと同じ成分が含まれています。