イトラゾール100mg(イトラコナゾール)

 

 

 

 

 

イトラコナゾールの解説(通販ワールド)

イトラゾール(Itrazole)は、抗真菌薬のイトラコナゾール100mg配合の商品です。1箱15錠入りが2,000円~3,000円ほどで購入できます。ベストケンコーやくすりエクスプレスで複数個まとめ買いするとさらにリーズナブルな価格になります。

イトラコナゾールは、爪真菌や爪カンジダなどの真菌症を対象としたスポラノックスの高品質なジェネリックです。イトラコナゾールには、アゾール系抗真菌薬のイトラコナゾールが100mg含まれており、3週間の治療の場合、先発薬に比べて3万円以上のランニングコストを節約することができます。

日本では同グループのヤンセンファーマ株式会社から医療専用医薬品「イトリゾールカプセル」の名称で販売されており、ジェネリックのイトラコナゾールは同じ有効成分を含む医薬品です。イトラコナゾールは、日本では「イトリゾール」として処方されています。イトラコナゾールは、真菌(カビ)による真菌感染症の治療に使用できる薬です。

患部が外側にある場合は、クリームやジェル状の外用薬を使用・提示し、水虫(爪白癬)のように外用薬を染み込ませるのが難しい場合や力を感じない場合は、スポラルなどの内服薬を使用することもできます。これは、副作用が多く、再発しやすかった従来の抗真菌薬の怠慢を改善した薬で、結果だけでなく安全性も非常に高くなっています。

イトラコナゾールは、水虫や爪のカビの原因となる白癬菌を殺すのに非常に有効です。また、外用薬では治療が困難な、肥大した爪や素肌に潜む白癬菌に対して体の内側から働きかけるため、治療が困難な水虫でも高い効果を発揮し、治療後3カ月で白癬菌を退治します。

イトラコナゾール錠は、白癬菌やカンジダ菌などによる各種真菌症の治療に適した抗真菌薬です。有効成分であるイトラコナゾールは、白癬菌やカンジダ菌などの真菌の増殖に必要な細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの生成を阻害します。エルゴステロールは、真菌の酵素によって作られ、体内に残っている今の重い物質を準備します。イトラコナゾールがこの酵素の影響を遮断すると、エルゴステロールの生産が落ち着き、細胞膜が損なわれ、真菌が死滅します。

イトラコナゾールは、水虫やカンジダ症などの真菌症を治療することになっている薬で、薬では治療できない爪真菌などの感染症の治療にも使われます。また、薬では治らない爪真菌の治療にも使うことができます。

真菌は人間と同じような細胞膜を持っていますが、人間の細胞とは異なり、真菌の細胞はコレステロールではなくエルゴステロールを材料として構成されています。低濃度のエルゴステロールの働きを阻害することで、真菌の安全性を確保しているのです。殺菌剤が人間に影響を与えずに真菌に対してほとんど効果を発揮するのはこのためです。