アイピル(ノルレボ)アフターピル

ポスティノール(ノルレボ)2錠

 

 

 

 

 

ノルレボの解説(通販ソーシング)

日本でノルレボ錠として販売されているアフターピルは、海外製品を個人輸入通販することが可能です。アイピルやポスティノールなどの商品名で販売され、大手通販サイトのベストケンコーでは即日発送にも対応しています。銀行振込だと入金確認まで時間がかかるので、クレジットカード決済(JCB・MasterCard)をおすすめします。

アイピル(iPill)はピラマル・ヘルスケア社が製造・販売しています。ノルレボのジェネリック医薬品なので、通販で安価に購入でき、安全性に優れています。アイピルを含む緊急避妊薬(アフターピル)は、避妊に失敗したときにいかに早く服用できるかが重要です。あらかじめアイピルを用意しておけば、いざというときに慌てずに妊娠のリスクを回避することができます。

ポスティノール(POSTINOR)は、望まない妊娠を避けるための緊急避妊必要薬(アフターピル、モーニングアフターピル、緊急避妊薬)です。性交後120時間までは緊急避妊薬として使用できます。ただし、72時間以降は時間の経過とともに妊娠抑制率が低下することが確認されています。緊急避妊の達成率は低くなりますが、性交後120時間以内であれば望まない妊娠を避けることができるため、72時間後でも有効です。

アイピルやポスティノールの有効成分は日本で承認されているレボノルゲストレルで、「受精を阻害する」「排卵を一時停止する」などの効果があります。レボノルゲストレルは、世界的に有名な緊急避妊用アフターピルの成分で、避妊に失敗したときに速やかに体内に入れることで、望まない妊娠を高い確率で防ぐことができます。武田薬品が「ノルレボ」の商品名で販売しており、多くの産婦人科医院で使用されています。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、その含有量は他の緊急避妊には十分すぎるほどで、吐き気などの副作用も弱いとされています。有効成分であるレボノルゲストレルは、排卵・受精の管轄を回避します。

妊娠抑制率とは、予備的なプロスペクティブスタートに基づいて、実際に妊娠する人の数に対する妊娠する人の数の割合として算出される数値です。臨床試験での妊娠抑制率は概ね81%であり、緊急避妊率が高いことがわかります。

アフターピルを専門病院で処方してもらうと、価格も高額になります。健康な女性にとっては、クリニックで受診することの恥ずかしさや、妊娠のリスクがあるにもかかわらず、経済的な負担が大きく、苦痛も大きいので、緊急避妊薬を使用したい場合は、通販での買い切りをおすすめします。

コンドームの破損、避妊具の不使用、避妊具の不足、性的暴行など、不測の事態で避妊具を使用できない場合に、アフターピルのノルレボを使って望まない妊娠を止めることができます。