エナラプリル5mg(エナカルド錠ジェネリック)

 

 

 

 

 

エナカルドの解説(通販エージェント)

エナカルドは、ペットの血液循環を改善し、心不全の泥沼化を止めることで、心不全の複数の症状を改善します。また、咳、呼吸困難、運動不耐性、食欲不振、活動力低下などの症状の正常化にも効果があります。

僧帽弁閉鎖不全症は、犬の心臓病の中で最も多い病気で、「僧帽弁」と呼ばれる心臓の弁の働きが弱くなることが原因です。エナカルドは、血管を豊かにすることで、心臓にかかる重い雰囲気を軽減し、症状を緩和します。

エナカルドは血液の循環に働きかけるため、血圧にも影響を与えます。投与量を間違えると、命に関わるような副作用を引き起こす可能性がありますので、初めて服用する場合は、動物病院で獣医師に相談してから服用を開始してください。有効成分であるエナカルドマイレン酸は、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤であり、血管の収れん作用を持つアンジオテンシンを生成する酵素の働きを阻害します。

エナカルドは、犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療薬です。エナカルドは、血管の健康を促進し、心臓の息苦しさを軽減する働きを持つ薬です。心不全の主な症状は、元気がない、すぐに元気がなくなる、運動をしたがらない、呼吸が荒い、チアノーゼや失神、胸水や腹水がたまる、夜に激しい咳をするなどです。心不全は、フィラリア症、肺気腫、気管支炎、あるいは僧帽弁閉鎖不全症や心室中隔欠損症などの心臓病が原因となります。

心不全の犬では、体内でアンジオテンシン2と呼ばれる酵素の濃度が上昇し、動脈圧迫、ナトリウムの貯留、血液量の膨張を引き起こします。これにより、動脈の圧迫、ナトリウムの貯留、血液量の拡大が起こり、心臓への刺激が増加し、心肥大が起こり、心不全がさらに悪化してしまいます。

イヌのうっ血性心不全の治療は、心臓の息苦しい雰囲気を取り入れて軽減し、症状を緩和し、進むべき道を延期する外科的ではない治療が中心となります。心機能が低下する要因としては、循環血液量の増加や末梢血管抵抗の増加、心筋萎縮などが挙げられます。症状に応じて、血管拡張剤、利尿剤、さらには強心剤などが使用されます。その中でもエナカルドは、血管萎縮の原因となる物質の産生を抑制し、血管の拡張に依存する血行動態を前進させる効果が高いことがわかっています。