ペクセップ20mg(パキシル・ジェネリック)

パロキセチン20mg(パキシル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

パキシルの解説(通販ネオテート)

パキシルの海外ジェネリックにはペクセップ(Pexep)などがあり、「ベストケンコー」や「くすりエクスプレス」などの個人輸入を代行してくれる業者からネット通販で購入するのが一般的です。まとめ買いすれば1錠50円ほどで購入でき、比較的リーズナブルなジェネリックとなっています。

パキシルジェネリック(ペクセップ)は、抗うつ剤および心臓安定剤であるパキシルのジェネリック医薬品であり、決定されたセロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)として区別されています。治療期間は通常、1ヶ月分の収入を超える半月分のみです。パキシルのジェネリックなら、より手頃な価格で同じ効果を得ることができます。

有効成分であるパロキセチンは、うつ病、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の5つの疾患を対象としています。

パキシルは、パロキセチンを有効成分とする抗うつ剤の一つです。最近では、双極性障害やパニック障害の治療にも用いられており、SSRIと呼ばれる抗うつ薬の一種です。なお、2008年に日本精神神経学会は、社会不安障害を「社交不安障害」、心的外傷後ストレス障害を「心的外傷後ストレス障害」と呼称変更しています。

パキシル・ジェネリック(ペクセップ)は、厚生労働省が承認している抗うつ剤「パキシル」のジェネリック医薬品です。主成分のパロキセチンは、うつ病の主な危険因子である重い心を軽くする働きがあり、気分を良くして得ることができます。SSRIは、かつて三環系と呼ばれていたトリプタ・リジェクト・アミトリプチリンなどの抗うつ剤の副作用を改善するために作られました。SSRIは、心臓や血管系に影響を与える副作用の軽減において、他の抗うつ剤よりも一歩進んでいます。

ペクセップは、110カ国以上で承認され、1億人以上の人々に使用されている抗うつ剤パキシルのジェネリック医薬品です。セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)に分類され、主成分であるパロキセチンは、神経伝達物質であるセロトニンが脳内の神経線維に蓄積されるのを阻害することで作用します。脳内のセロトニンの濃度を活性化させ、うつ病や強迫性障害に効果を発揮します。

セロトニンが極端に不足すると、昼前に目が覚めることが進行したり、睡眠不足が悪化したり、精神的なバランスが崩れたり、イライラしたり憤慨したりする原因に設置されると考えられています。パキシルは、セロトニンを高め、うつ病などの症状を緩和します。

パキシルは、グラクソ・スミスクライン社が開発したセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)です。セロトニンが体内に読み戻されるのを防ぐことで、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、心的外傷後ストレス障害などの治療に用いられます。かつて、うつ病は不可逆的な病気と考えられていましたが、医学の発展により、うつ病に効果のある薬が開発されました。パキシルもそのようなお薬のうちの一つです。