ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノキシジルタブレットの解説(通販ラウンジ)

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は錠剤タイプの発毛剤。現存する発毛剤の中で最も強力だとされ、オオサカ堂やJISA、アイドラッグストアーなどから通販で個人輸入している男性も多いです。オオサカ堂は値段が安く成分鑑定をしているため、ネットでは一番おすすめされている通販サイトとなっています。

飲むタイプのミノキシジルタブレットは、リアップやロゲインなどの塗るタイプの薬に比べてミノキシジルの吸収性が高いという研究があります。また、ミノキシジルタブレットは、他の薬では見られなかった前頭部の発毛にも使用できるという報告があります。さらに、発毛率が高いという情報も多くあります。また、脱毛のプロセスを抑制するフィナステリドを含む薬と同時に使用することができます。

日本では、育毛剤の卸売り市場が他国に比べて遅れており、日本で認可されているミノキシジル育毛剤はリアップのみです。ミノキシジルの発毛効果は、頭皮の細い血管を強化する働きと、毛根に働きかけて細胞を活性化させやすいことにあります。有効成分「ミノキシジル」は発毛効果が高いことで知られていますが、ミノキシジルタブレットは内服薬なので、この成分がそのまま体内に扱われ、毛乳頭細胞に働きかけます。

ミノキシジルタブレット(ノキシジル:Noxidil)は、ファイザー社のロニテン10mgのジェネリック医薬品です。主成分であるミノキシジルは、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインで推奨度A(最も推奨される)に指定されています。皮膚に塗布する育毛剤よりも強力で即効性があり、生え際の発毛にも効果があります。

ミノキシジルタブレットは5mgの服用が可能ですが、5mgよりも10mgの服用の方がコストと効果のバランスが良いようです。10mgを半分に分割して飲むのが一番コスパが良いとされています。ミノキシジルタブレットは内服薬のため、成分が血中に吸収されて頭皮に運ばれることで、有効成分が毛根に均一に届くようになります。

ミノキシジルタブレットの発毛効果は、飲み続けなければ維持できません。発毛効果を把握するためには、高血圧の治療薬として使用した場合に起こることが知られている副作用に注意し、できるだけ長く服用を続けられるようにすることが必要です。

AGA治療薬としてのミノキシジルは、毛髪内の血管を拡張することで毛根の毛乳頭に栄養分を提供し、発毛を促進します。この血管拡張作用は全身に作用し、降圧効果もあります。ただし、降圧剤として摂取した場合に高い容量が摂取されることを期待して、AGA治療時の容量では降圧効果は現れにくいと言われています。

ミノキシジルタブレットは、毛母細胞にある毛乳頭に作用し、細胞の成長を促します。毛乳頭細胞が増えると、毛母細胞の識別がスムーズにできるようになり、毛母細胞の数や細分化が進みます。髪の毛の元となる毛母細胞が活動するためには、毛乳頭が十分に活動していることが非常に重要です。