アボダート(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

デュオダート(ハルナール+アボルブ)

 

 

 

 

 

アボルブの解説(通販アンバサダー)

アボルブはデュタステリドを主成分とする内服薬。本来は前立腺肥大を抑えるために使われていましたが、男性の薄毛を治す効果があることが判明しています。アボルブと同じデュタステリドを含む商品としては、「アボダート」「デュタス」「デュタボルブ」などがあり、オオサカ堂などの個人輸入代行サイトからネット通販で入手可能です。

アボルブは、前立腺肥大症・AGA治療薬です。一人一人の薄毛の状態は全く異なりますが、デュタステリド成分の使用量をコントロールすることで、様々な状態の薄毛対応することが可能です。AGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)は、男性の抜け毛・薄毛の原因としてよく知られています。AGAは、多くの男性が悩んでいる髪の毛が抜ける原因であり、市販の育毛剤では治療が難しい症状でもあります。

アボルブの有効成分であるデュタステリドは、フィナステリドのように毎日服用しないと効果が出ないため継続することが大切です。AGAをより効果的に治療したいのであれば、デュタステリドを継続して使用するとともに、生活習慣を見直して頭皮に栄養が行き届くようにし、健康な体をつくることが大切です。栄養素が頭皮に届くように生活習慣を見直して、健康な体を作ることが大切です。せっかくのAGA治療ですから、この機会に生活習慣を一歩ずつ改善して、より健康的な生活を送れるようにしましょう。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは5αリダクターゼのII型にのみ干渉しますが、デュタステリドはI型とII型の両方に作用するため、高い効果が期待できます。このため、プロペシアやフィナステリドを含むジェネリック医薬品を服用している方が、デュタステリドに移行するケースが多く見られます。

プロペシアはフィナステリドを主成分とする治療薬で、II型酵素には有効ですが、I型酵素にはあまり効果がありません。プロペシアで効果が得られなかった方には、I型酵素とII型酵素の両方に有効で、II型酵素を3倍に減らすことが報告されているアボルブがおすすめです。


デュタステリドはフィナステリドと同様に、体内でテストステロンがDHTに変化するのを防ぎます。しかし、この点だけを見れば、デュタステリドの方がフィナステリドよりも効果的かもしれません。2004年に行われたある研究によると、フィナステリド5mgの投与でDHTの量が70%減少したのに対し、デュタステリドはホルモンの実態を98.4%と大幅に減少させました。

5αリダクターゼ酵素にはI型とII型の2種類があり、フィナステリド(プロペシア)はII型にのみ作用します。一方、デュタステリドはI型とII型の両方に干渉することができ、II型に対する調節作用はフィナステリドに比べて3倍ほど目立ちます。プロペシアやフィンペシアを服用して、効果が得られなかった方にお勧めのAGA治療薬です。

アボルブ(デュタステリド)は服用するタイプの育毛剤です。抜け毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制することで、抜け毛を防ぐとされています。錠剤に含まれる成分が口の中の粘膜を刺激することがあります。錠剤を開けたり、噛んだりすると効果が低下しますので注意してください。