リオサイトメル25mcg(リオチロニンナトリウム)

 

 

 

スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

 

 

リオサイトメルの解説(通販サイクル)

リオサイトメルは、ロイドラボラトリーズ社が販売している合成甲状腺ホルモン剤です。本来は甲状腺ホルモンが原因の病気を治療するために処方されるものですが、ダイエット目的で購入される方も非常に多いです。リオサイトメルは、日本では武田薬品工業が販売している先発医薬品のチロナミンと同じ有効成分を含むジェネリック医薬品です。

体内の甲状腺ホルモン濃度を保つことで、筋肉量をできるだけ落とさずに体重を減らすことができ、脂肪の少ない筋肉質な体格を作ることができると言われています。ただし、リオチロニンナトリウムの筋肉増強効果は非常に穏やかです。

リオチロニンナトリウム(T3)を体内に取り入れると、自動的に甲状腺ホルモンが増えていきますが、体がそれを調節しようとして、自分で出す量を減らしたり、なくしたりすることがあります。急に飲むのをやめてしまうと、逆に甲状腺ホルモンが減ってしまい、脂肪を燃やすことができなくなるので、せっかくダイエットに成功してもリバウンドしてしまうのです。

リオサイトメルに外部からの甲状腺ホルモンが含まれることで、体内の甲状腺ホルモン量を調整しようとして、自然な甲状腺ホルモンの分泌が滞ったり、止まったりすることがあります。分泌量が減ったり止まったりした状態でリオサイトメルの使用を中止すると、脂肪を燃焼させる効果が低くなり、リバウンドしやすくなります。

甲状腺ホルモンは、食事で摂取したヨウ素をもとに体の自然なプロセスを活性化し、代謝活動を促進するとともに、脂肪レベルのターンオーバーを行います。そのため、体の再生、脂肪の燃焼、筋肉の増強などに利用できます。

リオサイトメルに配合されている甲状腺ホルモンは、健康な人であれば1日あたり25mcgが自然に分泌されています。リオサイトメルを飲むことで、体内の甲状腺ホルモンの濃淡が必要以上に強まり、脂肪だけでなく筋肉も燃焼させてしまいます(カタボリック効果)。

リオサイトメルは、甲状腺ホルモン製剤に分類される医薬品であり、不足している甲状腺ホルモンを補充するために導入されます。配合されている甲状腺ホルモンは、緊密な活性を持ち、作用が速いため、高い効果が期待できます。作用の発現や持続時間に特徴がないことから、甲状腺ホルモンの補充治療薬として使用されています。薬物動態学的には、有効成分の半減期(体内に残る成分が半分になるまでの時間)は12時間、最高血中濃度到達時間(成分濃度が最も高くなるまでの時間)は約2時間とされています。

リオサイトメルの有効成分であるリオチロニンナトリウムは、甲状腺ホルモンの分泌を促し、体内のエネルギーの集中を活性化し、代謝サイクルを活性化します。脂肪の燃焼や筋肉の増強に効果がある薬剤です。男女ともに使用できる甲状腺ホルモン薬で、フィリピンのLloyd Laboratories社が製造しています。有効成分は「リオシロニンナトリウム」で、日本で承認されている「チロナミン錠」という薬に含まれるのと同一成分です。