フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジフルカンの解説(通販ソリューション)

ジフルカン(ダイフルカン)はフルコナゾール配合の抗真菌剤で、カンジダなどの感染症の治療に適応があります。海外個人輸入では、「フォルカン」(Forcan)というジェネリックが人気で、150mg版なら1錠120円ほどで通販可能となっています。

ジフルカンは、1989年から日本で「ダイフルカン」という薬名で販売されている歴史のある薬です。ジフルカンとダイフルカンは同じ成分(フルコナゾール)が配合されているので、全く同じ効果があります。

健康な人の皮膚や粘膜には常に一定数のカンジダ菌が存在していますが、何らかの原因で膣内のカンジダ菌が異常に増殖すると膣カンジダが発症します。膣カンジダの最も一般的な原因は、性的接触による感染、ガードルなどのきつい下着の着用、石鹸の使いすぎによる外陰部の洗浄などで、膣内環境のバランスが崩れてしまうことです。

フルコナゾールは、主に膣カンジダ症の治療と予防に使用されます。膣カンジダは、カンジダ属の真菌によって引き起こされます。ジフルカンの主成分であるフルコナゾールは、真菌感染症の治療薬に含まれる成分の一つです。フルコナゾールは体内への吸収率が高く、本来の真菌感染症治療に加えて、女性の性器に潤いを与える効果があるため、女性用のナイトライフアイテムとしても使われています。

ジフルカン・ジェネリックは、アゾール系抗真菌薬に分類され、女性の膣カンジダ症、クリプトコックス症、真菌性出血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌性髄膜炎など様々な疾患に使用されています。2011年には、公知申請の特例として「造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防」が承認され、口コミで大きな話題となっています。

国内の臨床試験では、膣カンジダに対してジフルカン・ジェネリックに含まれる有効成分フルコナゾールを28日間服用したところ、約8割の患者さんで膣カンジダの症状が消失し、医療機関でもよく処方されている薬剤です。真菌を殺菌し感染症を治療することができ、主に性感染症として有名なカンジダ症やクリプトスコッカスの治療に使用されています。

カンジダ症は、カンジダという真菌が原因で炎症や痛みなどの様々な症状を引き起こす感染症で、水虫に次いでメジャーな真菌感染症です。カンジダは細菌ではなく真菌に分類され、単細胞の細菌よりも多細胞の真菌の方が大きいという特徴があります。カンジダはカビの一種で、真菌に分類されます。細菌やウイルスとは異なり、真菌はサイズが大きいことが特徴です。ジフルカンは、真菌の膜成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することで抗真菌作用を示します。