フォシーガ10mg(ダパグリフロジン)

 

 

 

グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

 

 

フォシーガの解説(通販リサーチ)

フォシーガは糖尿病の症状を改善するお薬ですが、血糖値を下げる働きを利用してダイエットのために使用する方も多いです。通常はダイエットのためにフォシーガが処方されることはなく、海外製品を個人輸入する必要があります。

フォシーガは、1錠に有効成分ダパグリフロジンを10mg含有しています。ダパグリフロジンはSGLT2阻害剤であり、その働きは、体内で消費されなかった糖類を再び吸収することを阻害し、それによって尿中に糖類を生成することです。これにより、使われなかった糖類が体外に排出され、血糖値を下げることができます。

日本でも承認されており、多くの医療機関で糖尿病の治療薬として処方されています。食事の影響を受けず、食前・食後のどちらでも簡単に服用でき、1日1回の服用で最適な血糖値を調整することができます。

糖尿病は、何らかの原因で体内の血糖値が高い状態で維持される病気です。血糖値が高い状態を放置すると、初診時のしびれ(神経症)、眼瞼疾患(網膜症)、腎臓疾患などの合併症を引き起こす可能性があります。フォシーガは、体内に取り入れることで、これまで高い状態が維持されていた血糖値を下げ、これらの合併症の発症を予防することができます。

糖尿病は、血糖値を下げるという効能を持つインスリンというホルモンが正常に働かなくなることで現れる病気です。インスリンは、主に食事などで血糖値が上昇したときに膵臓から分泌され、糖を細胞に吸収したり、肝臓や脂肪系に蓄えたりすることで血糖値を下げます。フォシーガは、糖分を尿として押し出そうとして尿路感染を起こし、腎盂腎炎、敗血症などの重篤な接触感染を引き起こす可能性があります。

有効成分のダパグリフロジンは、低血糖などの副作用がないため、高いパリティでなおかつ強力に血糖値を下げることができると注目されています。また、体内に染み込んだブドウ糖を放出する働きがあるため、逓減性体重減少をもたらす薬剤としても知られています。

フォシーガは、他の方法では体内に吸収されるはずのブドウ糖を放出する能力があるため、体重減少薬としても知られています。フォシーガは、インスリンを分泌せず、サッカライドを放出するという点でユニークであり、低血糖を起こしにくく、少ない副作用で血糖値を下げることができます。

フォシーガを服用する場合、多飲多尿や頻尿により体液量が過度に減少する脱水症状を引き起こす可能性があるため、水分の多い薬をこまめに服用することを心がけるとよいでしょう。フォシーガはSGLT2阻害剤の段階のお薬に属していますが、これは腎臓にあるキャリアー体が再び糖を理解するために重要な役割を果たしています。

フォシーガは、血糖値を下げる薬です。新しいタイプの薬で、糖尿病の治療に使用するために追加されたものです。1型糖尿病は膵臓からインスリンがほとんど分泌されない状態で、2型糖尿病は取り込みがうまくいかずに血糖値の数値が下がってしまう状態です。糖尿病のポンコツの9割近くが2型糖尿病と言われており、その原因の多くは生活習慣や食生活の乱れからくる疲労感です。まずは生活習慣の見直しから始めて、効果がのぞめなければフォシーガなどの糖尿病薬で治療していくことが推奨されています。

飲み忘れがあっても、決して一度に2回しか飲まないようにしましょう。もし飲み忘れた場合は、決して一度に2回だけ服用しないようにしてください。気づいたときに、飲み忘れた分の1回分をすぐに服用することが推奨されています。