アボダート(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

アボダートの解説(通販ソーシング)

アボダートはザガーロと同一成分配合の飲む育毛剤です。フィナステリドよりも強力なデュタステリドが抜け毛を抑えるとともに、発毛を促進します。オオサカ堂やJISAでは海外製の正規品アボダートを格安価格で販売しています。

アボダートの偽物が流通しているとの噂が最近あるので、通販で購入する際はご注意ください。偽物が心配な方は、オオサカ堂のような大手サイトから通販すると安心です。500件以上のカスタマーレビューが投稿され、多くのユーザーが効果を実感できているので間違いなく本物を入手できます。

アボタード(アボダート)0.5mgは、プロペシアの有効成分を強化したデュタステリド配合のAGA治療薬です。アボダートは、個人輸入通販のマーケットで人気を集めている新しいAGA治療薬です。

髪の毛の悩みを抱えている男性なら、プロペシアの名前を聞いたことがあるでしょう。プロペシアは、男性型脱毛症、つまりAGAの能治療薬となっています。それと同じくらい注目されているのが、男性脱毛症の経口治療薬「アボダート」です。アボダートの主成分であるデュタステリドは、テストステロン(男性ホルモンの一種)をDHTに変化させる5αリダクターゼという酵素を阻害します。

デュタステリドは男性の前立腺肥大症と男性型脱毛症の両方に効果がありますが、服用すればすぐに効果が出るというものではありません。最低でも半年間は欠かさずに定期的に服用することが推奨されています。飲み始めはあまり効果を実感できないかもしれませんが、半年間飲み続けて初めて治療効果があったかどうかがわかります。半年間飲み続けても効果が見られない場合は、飲み続けるのをやめましょう。

デュタステリドを0.5mg含有するAGA治療薬「ザガーロ」と同じ成分配合の「アボダート」は、同程度の薄毛改善効果があると推測されます。ザガーロとアボダートはどちらもグラクソ・スミスクライン社(GSK)製造なので、品質にも差はありません。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼ酵素の第2型を阻害することでDHTの生成を抑制し、抜け毛を弱めますが、アボダート0.5mgの有効成分であるデュタステリドは、5αリダクターゼ酵素の第2型を阻害する力がフィナステリドの3倍あり、1型にも作用します。デュタステリドは、5αリダクターゼ酵素の2型に作用するだけでなく、5αリダクターゼ酵素の1型にも作用するため、DHTの生成をより高度に抑制することができます。

アボダートは、前立腺肥大症の治療薬として米国FDAから承認されたブランド名の医薬品です。アボダートは、流通する地域によってブランドが異なる場合があり、日本では前立腺肥大症の治療薬として「アボルブ」の名称で処方されています。

アボダートの主成分であるデュタステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンを抑制することで肥大した前立腺を小さくすることが期待されており、DHTの産生を抑えることで、DHTによって発症するAGA(男性型脱毛症)にも効果があるとされています。

プロペシアでは発毛が進まない程度だった方でも、アボダート0.5mgを使用することで発毛の効果を得ることができます。韓国では男性脱毛症の治療薬として正式に承認されており、日本では2009年に前立腺肥大症の治療薬として厚生労働省から承認され、そして、2016年には男性型脱毛症の治療薬として「ザガーロ」が承認されました。