フロントラインプラス

 

 

 

ネクスガード・スペクトラ

 

 

 

 

 

フロントラインの解説( 通販サークル)

フロントラインなどの主成分である「フィプロニル」は、害虫を駆除するための毒性のある巨大な物質です。もう一つの主成分であるS-メトプレンは、卵の孵化や幼虫~蛹の変態と呼ばれる動物の成長を妨げる力を兼ね備えたホルモン剤です。フロントラインを服用すると、有効成分のフィプロニルがペットの表皮の下にある皮脂腺に流れていきます。これにより、ペットの健康と長期間にわたって維持することができます。

フロントラインは体重別に用意されているので、1回分の使い捨ても不可能ではありません。肩甲骨の間を挟み込むようにして、挟み込み筋の後ろに薬液を落とすだけで簡単に投与できます。

有効成分のフィプロニルは、主に寄生虫の神経伝達物質の受容体に結合し、神経を過剰に活動させます。この作用により、寄生虫の活動が低下し、死に至ります。

フロントラインプラスには、外部寄生虫に有利な2つの成分(フィプロニルとメトホルミン)が配合されています。フロントラインは、犬の肩甲骨周辺の皮膚に簡単に投与することができます。フロントラインは、犬の肩甲骨周辺の皮膚に投与することで、犬の健康を維持します。犬を飼っている方であれば、テレビCMなどでフロントラインを知っていると思いますし、すでに使用している方も多いのではないでしょうか。

フロントライン大型犬用(20~40kgの大型犬用)は、ノミやマダニを効果的に駆除し、継続して使用することで防御することができる液状の外用薬です。効果は、まず月に1回だけ服用し、毎月継続して取り組むことを目標にしてください。

フロントラインプラスは、マダニの駆除にも効果があります。マダニによる病気の原因物質の接触感染率は、寄生虫が生まれてからの48時間が高いと言われています。フロントラインの良いところは、投与後48時間以内にマダニを駆除することができるので、マダニが媒介する怖い病気から愛犬を守ることができるということです。シラミもほぼ48時間で駆除することができます。

フロントラインは、犬や人間に100%無害な成分ではありません。口から体内に入ると、採用されている薬の濃度が大きく変化して、健康被害が出る可能性があります。そのため、犬が直接舐めないように十分注意する必要があります。

フロントラインは安全性と有効性が証明されているので、授乳中や妊娠中のペットにも投与することができます。また、子犬や子猫に投与しても安全であることが確認されています。

フロントラインは、月初めに投与するだけで効果が長続きします。フロントラインは、ペットを飼っている方にとっては、とても便利なアイテムです。個人輸入で海外版を購入すれば、かなりお得になります。獣医さんで処方してもらうと高額になるので、同じ成分の商品をネット通販で購入するとかなりの節約になります。