メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

 

 

メダナボルの解説(通販プロ)

メダナボル(Medanabol)は、ダイアナボルと同一成分のアナボリックステロイド。経口ステロイドではトップクラスの筋肉増強効果があり、日本のボディビルダーやアスリートでも愛用している人がいます。

オオサカ堂やお薬なびなどの個人輸入代行サイトからネット通販で入手できます。最大手のオオサカ堂では、1本(60錠)を2,000円ほどで購入でき、まとめ買いすれば1本1,000円ほどに割引されます。メダナボルは比較的安く通販できるため、個人輸入では最も人気のあるアナボリックステロイドとなっています。

メダナボルは、既に製造が終了したダイアナボルと同一成分配合のジェネリック医薬品になります。ダイアナボルはアーノルドシュワルツネッガーやシルベスター・スタローンなど有名俳優やトップアスリートが使っていたことで有名になりました。ダイアナボルの製造中止後に様々なジェネリックが開発され、メダナボルもそのうちの1つです。現在でもボディビルダーやアスリートが使用する人気のアナボリックステロイドです。

有効成分の「メタンジエノン」は、肝臓においてタンパク質の合成を促し、筋肉量を増やします。医療現場では身体能力が衰えた人に使われる他、赤血球を増やす効果もあることから貧血の方にも投与されることがあります。

短期間で効率的に筋肉をバルクアップし、男性では厚い胸板や広背筋、女性ではメリハリのある体をつくるのに役立ちます。ただし、女性にとってメダナボルは強力すぎるため、アナドリンやウィンゾロンなどの負担の少ないステロイドが推奨されています。

タンパク同化ホルモンは、その名の通りタンパク質に対して同化効果がある男性ホルモン(テストステロン)の作用を強め、人工的に造られた男性ホルモンを増やします。摂取したタンパク質を筋肉に変える働きにより、通常よりも強力な筋肉増強効果効用や、脂肪燃焼効能が得られるとされています。

使用方法としては、メダナボルは強力なステロイドの為25mg~30mgでも十分な効果があるとされます。全身ですぐに活性を失くすステロイドなので5mg刻みでを3~4時間おきに経口摂取した方がいいとされています。副作用について、肝臓で代謝されるのが難しく、17a-Alkylateであることから肝有害性を携えます。その為、リブ.52DSなどのサプリメントで肝臓の保護をする方もいます。

体内には「ミオスタチン」と呼ばれるある物質があり、筋肉に負荷がかからないように調整することが望まれます。メダナボルは、このミオタチンの関連性も抑えてくれるので、筋肉の成長にダブルで効果を発揮します。さらに、筋肉の成長を調整して大きくなりすぎないようにする物質である「ミオスタチン」のプラスの作用を抑える働きもあるので、効率的に筋肉の能力を高めることが可能になります。

メタンジエノンは、以前からステロイドとして使用されており、最も古いステロイドの一つと言われていますが、現在でも人気のある成分です。俳優が役作りのために体の入れ替えを行う際にも使用されています。メダナボルの利点は、他の種類のステロイドに比べて同化作用が高いことで、通常の薬に比べて短期間で2倍の効果が得られるとされています。

メダナボルは、フィリピンのLloyd Laboratories Inc.が製造・販売する筋肉増強サプリメントです。メダナボルは、筋肉増強剤であるダイアナボルのジェネリック版で、長い間市場に出回っている人気の高い薬です。ダイアナボルが製造中止になった後、ジェネリックのメダナボルが販売されるようになり、今でも多くのスポーツマンやボディビルダーに愛用されています。