アナドリン10mg(オキサンドロロン)

 

 

 

メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

 

 

アナドリンの解説(通販サイクルPCT)

アナドリンはオキサンドロロンを含むアナボリックステロイドの一種です。マイルドな筋肉増強剤があり、初心者や筋肉を維持しながら脂肪を落としたい男性におすすめです。副作用が少ないとされ、女性でも使用可能なステロイドとなっています。

オオサカ堂やアイドラッグストアーなどでアナドリンは通販でき、多数のユーザーレビューが見れます。レビューには、使用方法(サイクル・PCT)など参考になる情報が多いので、購入前には一度目を通しておいてください。

アナドリンは、オキサンドロロンを薬効成分とする蛋白同化剤で、慢性的な接触感染や激しい外傷などで弱った体を回復するのに役立ちます。オキサンドロロンの同化作用は、男性ホルモンと同様に、タンパク質の合成を高め、筋肉を成長させやすくする効果があります。また、造血作用により血液の供給量を増やし、カルシウム貯蔵作用により丈夫な骨格を作り、もろくなるのを防ぎます。さらに、抗炎症剤としても使用できるので、さまざまな病気の治療にも使えます。

男性ホルモンを直接使用するよりも、効果も副作用もまろやかですが、女性も服用可能で、男性が使用した場合には、即効性のある筋肉増強効果や生命力増強効果が期待できます。

アナドリンの主成分であるオキサンドロロンは、性ホルモンを直接取り入れるのではなく、体内のタンパク質の合成を促す同化ホルモンです。そのため、男性ホルモン製剤に見られるような強固な副作用はありません。また、もともと寝たきりや長時間の運動ができない人の筋肉のボリュームダウンを食い止めるために開発された薬なので、副作用のリスクが少ないというメリットもあります。

アナドロロンの成分であるオキサンドロロンは、タンパク同化ステロイドと呼ばれるモノで、「筋肉増強剤」の一種です。タンパク同化作用により骨格筋量が増加し、筋肉の進化と筋肉数の倍増により運動能力が良くなることが期待されています。アナボリックステロイドの中では副作用は起こりにくい、あるいは少ないとされていますが、いくつかの副作用があります。主なものは、肝障害、ニキビ、月経不順、脱毛、身体の変化(イライラ、皮膚のかゆみ、気分の落ち込み、食欲不振など)です。

テストステロンは、筋肉の強化に重要な役割を果たしています。従来の筋肉増強剤は、男性ホルモンを摂取することで血中のアンドロゲン濃度を高め、筋繊維を強くする働きがあるものでしたが、アナドリン(オキサンドロロン)は、筋肉のもととなるタンパク質の体内合成を促進する効果があります。その効果は、筋肉を増強してスタミナを回復させたり、ダイエットを補助したりします。また、骨を強化し、骨粗しょう症になりにくくします。

アナドロロンは同化型男性化ステロイドで、筋肉増強剤(アナボリックステロイド)の代表的なものです。同化作用は、骨格筋量を増加させ、筋肉の技量や筋肉の大きさを増加させることで、運動能力を向上させることが示唆されています。アナボリックステロイドの副作用が少ない商品には、アナドリン(オキサンドロロン)の他にウィンゾロン(スタノゾロール)があります。