ビセレクト5mg(メインテート・ジェネリック)

 

 

 

 

 

メインテートの解説(通販ノワール)

メインテート(有効成分ビソプロロール)は高血圧を改善するお薬です。個人輸入が規制された「インデラル」と類似した効果があり、その代わりとしてメインテートを購入される方も多いです。「ビセレクト」(Biselect)というメインテートの海外ジェネリックが人気で、オオサカ堂などの大手サイトからネット通販が可能です。

メインテートは、高血圧、心不全、頻脈性心房細動などの心臓の病気を抑える薬です。心臓に作用して血液を拍動させる機能を低下させることで、血圧を下げ、心臓のトラブルを鎮める働きがあります。

有効成分のビソプロロールは、心臓のβ1受容体に結合する神経伝達物質であるノルアドレナリンと競合し、ノルアドレナリンによる脈拍の増加や心筋の収縮を抑制します。心臓の鼓動が遅くなることで、発生する血音の大きさが小さくなり、血圧が低下します。

β2受容体を遮断すると、血管の開通が阻害されるため、血圧が上昇することがあります。β1受容体に選択的に作用するメインテートは、β2遮断の煩わしさを回避しつつ、高血圧や狭心症を改善することができます。

心不全は、心筋が弱り、体が必要とする十分な血液を供給できなくなることで発生します。低悪性度のrfma割合の錠剤であるメインテートは、安定した慢性心不全の治療に使用されます。

メインテートは、24時間かけて血圧を調整する長時間作用型の降圧剤です。心臓以外の部位への影響がほとんどなく、副作用の発生率も低いとされています。心臓の過剰な働きを抑え、どきどき感を軽減することで、心臓を休ませてトラブルを減らすことができます。また、心拍数が減ることで血圧が下がることを期待して、脳卒中や心臓病、腎臓病の予防策としても推奨されています。

メインテートには、高血圧や狭心症を高める効果があります。この薬は、即効性があるだけでなく、常に継続して体内に取り込まないとその影響が出ません。したがって、途中であきらめたり、急に中止したりしないようにしましょう。有効成分のビソプロロールは、心臓に送られる血液の高さを改善することで、過剰に上昇した血圧を効果的に退化させると考えられています。

メインテートは、有効成分ビセレクトローワーズを配合した高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、慢性心不全の治療薬です。高血圧、過活動心臓、脈の乱れ、胸の張り、胸の痛みなどの症状を改善します。

「ビセレクト」(Biselect)は、心臓の交感神経に作用して降圧効果を発揮するメインテートのジェネリック医薬品です。インドのIntas社が製造・販売しています。過剰な心臓の働きを抑制することにより、血行動態だけでなく、狭心症、不整脈、慢性心不全などの治療にも用いられます。その強力な効果は世界中で認められており、1日1回の摂取で24時間かけて約適量の効果を得ることができます。

副作用については、倦怠感、めまい、ふらつきなどの症状が報告されています。重大な副作用としては、心不全、重度の徐脈、洞不全症候群、完全房室ブロックなどがあります。有効成分は「ビソプロロール」です。β-ブロッカーと呼ばれる種類の薬に属します。