トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラー21の解説(海外通販)

トリキュラー21をネット通販で購入したい女性は多いと思いますが、残念なことにAmazon(アマゾン)や楽天などの一般の通販サイトでは販売されていません。海外から取り寄せる必要があり、「個人輸入代行サイト」という通販業者を利用すれば簡単に入手できます。ベストケンコーやオオサカ堂ではトリキュラー21やマーベロンなどの低用量ピルを格安で販売しています。

トリキュラーは天然のホルモンバランスで、正しく服用すれば、身体への顕著な影響はなく、ほぼ確実に避妊することができます。体がすでに妊娠している場合は、排卵が起こらないので、精子が体内に入り込んでも妊娠はしません。妊娠していれば、精子が体内に潜り込んでも、妊娠することはありません。

黄体形成ホルモンの作用により、子宮頸部(子宮の入り口)の粘液が固まり、精子が子宮に同行するのを防ぐことができるのです。服用を中止すると、脳下垂体が新たな気持ちで卵巣を刺激して排卵を促します。トリキュラー21の有効成分は、エチニルエストラジオール0.03mgとレボノルゲストレル0.05mgです。

女性の健康は、毎月1回の卵胞の成長にかかっており、卵胞が成熟すると排卵が起こります。排卵された乳児の卵は精子と受精し、妊娠に至ります。卵胞は性腺刺激ホルモンによって成熟すると考えられています。性腺刺激ホルモンは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの作用で分泌されると考えられます。

コンドームは男性に使っていただく避妊法ですが、トリキュラー21のような低用量ピルは、女性が自分で試すことのできる避妊法として非常に有効です。女性は自分で妊娠を防ぐことができるので、経口避妊薬は他の避妊法よりも精度が高く、妊娠のリスクを大きく減らすことができます。

トリキュラー21には、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンが含まれています。この2つの女性ホルモンをトリキュラーであらかじめ体内に入れておくことで、体は「卵胞はすでに成熟している」と勘違いしてしまうのです。そのため、卵胞を成長させる性腺刺激ホルモンが分泌されず、卵胞が成熟できず、結果的に排卵が起こらなくなってしまうのです。

副作用として、むくみや吐き気、つわりと思われる症状が出ることがありますが、トリキュラー21は身体への負担が少ないように設計されています。トリキュラーは、ピルの副作用に抵抗のある方でも比較的使うやすいお薬です。

トリキュラー21は、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)という人工ホルモンから作られています。トリキュラーの機能は、月経周期を模倣してそれぞれのホルモンを供給し、脳に妊娠したと思わせることです。バイエル薬品のトリキュラーは、日本で最も処方されている標準的な経口避妊薬です。有効成分のエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが、排卵を抑制することで避妊力を発揮します。