アイピル(アフターピル)

 

 

 

トリキュラー(低用量ピル)

 

 

 

 

 

アイピルの解説(ジェネクリ通販・genecli)

アイピル(i-Pill)は緊急避妊薬(アフターピル)のベストセラー商品です。海外個人輸入では最も人気が高く、いざという時のためにまとめ買いしている女性も多いです。ベストケンコーやオオサカ堂、オランダ屋などの通販サイトから購入できます。その中でもベストケンコーでは1錠690円~の格安価格で販売し、200件以上のカスタマーレビューが投稿されほとんどの方が効き目に満足しています。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、過去に行われていた緊急避妊法(ヤッペ法)よりも優れた妊娠不成立率を示すことがわかっています。アイピルは、従来の緊急避妊薬と異なり、副作用が少ないのが特徴です。ピルを服用してから2回目の3~4日以内、遅くとも2週間以内に月経血が出る場合を「月経痛」といいます。これは避妊が成功するかどうかの基準になります。

アイピルに含まれるレボノルゲストレルは黄体ホルモンの一種で、受精を阻害したり、受精卵が表面に出てこないようにする効果があります。つまり、卵巣からの排卵を防ぎ、粘液の量を増やして簡単に受精しないようにし、早期に月経を起こして受精卵が子宮に付着しないようにする役割を持っています。

アイピルの効果が現れるのは、摂取してから約3時間後です。効果の発現に加えて、排卵を遅らせたり、防止したりすることもできます。避妊を妨げたかどうかを知るためには、次の月経まで待つか、市販の妊娠薬を使用する必要があります。

アイピルは非常に高い確率で妊娠を防ぐことができますが、妊娠を確実に防ぐことができるわけではありません。コンドームなどの避妊手段で失敗したり、避妊手段を取らなかったりした場合の性行為後の緊急措置として使用するもので、通常の経口避妊薬のように妊娠をあらかじめ防ぐものではありません。性交時に避妊措置をとらなかった場合は、アイピルを1回飲み込むだけで効果が得られます。性交後24時間以内に避妊できる確率は95%です。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、ギリシャ語で左を意味するレボ(le growth rate o)とノルゲストレル(zero rgestrel)を組み合わせたもので、レボノルゲストレル(le rise degree o no rgestrel)と呼ばれています。妊娠したくない人は、コンドームや低容量避妊ピル、子宮内避妊具などの理論的な避妊をするべきですが、不測の事態はいつでも起こるものです。そのような不測事態に備え、すぐに取り出せるようにアイピルを常備しておくとよいでしょう。

アイピルの働きは、ホルモンの分散を一時的に変化させることで、排卵の遅れにつながり、排卵が起こらなくなり、受精卵の凝集床を阻害します。その結果、精子が体内に入って卵子と受精するのを防ぐので、性交後も緊急避妊が可能になります。イピルは、性交後72時間以内にミネラルウォーターやぬるま湯で服用します。アイピルを24時間以内に服用した場合、避妊効果は95%、72時間以内に服用した場合、避妊効果は85%となります。性交が終わったら、できるだけ早く服用することをお勧めします。

アイピルは、有名な処方箋付き緊急避妊薬「ノルレボ」のジェネリック版です。ノルレボがフランスの製薬会社によって作られたのに対し、アイピルはジェネリック医薬品の強い国であるインドのシプラ社によって製造されました。シプラ社は個人輸入ではおなじみのメーカーで、高いクオリティを安全性を満たしたジェネリック製品を夜に送り出しています。