デュタプロス(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

デュタプロスの解説(通販ヘルパー)

デュタプロス(Dutapros)はデュタステリド0.5mg配合のAGA治療薬です。日本で承認されているザガーロと同じ成分が配合され、同等の効果がある製品です。オオサカ堂やJISAなどから個人輸入でき、販売価格は1箱3,000円前後。3箱セットなら6,000円ほどに割引あsれ、1錠あたり70円ほどになります。

デュタプロスは、第2のAGA治療薬「ザガーロ」のジェネリック医薬品です。有効成分であるデュタステリドは、AGA(男性型脱毛症)の原因となる酵素の働きを止める強力な効果があり、抜け毛をガードするだけでなく、発毛・育毛効果も期待できます。デュタプロスの有効成分であるデュタステリドは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する5αリダクターゼ還元酵素の出現を制御し、DHTの生成を抑える働きがあるため、髪の成長ペースの正常化につながります。

デュタプロスの有効成分であるデュタステリドは、男性ホルモンをDHTに変換する酵素である5a-リダクターゼの1型と2型の両方を阻害し、1型のみに作用するフィナステリドよりもDHTの生成を調整する効果があります。これが、1型にしか作用しないフィナステリドよりも効果が高い理由です。

アボルブジェネリック(デュタプロス)は、デュタステリドとして知られていますが、もともとはプロペシアと同様に前立腺肥大症の治療薬として考えられたものです。プロペシアのようなフィナステリドを含むAGA治療薬を服用しても、はっきりとした効果を感じられなかった男性にお勧めの製品です。

デュタプロスは、テストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させる5αリダクターゼを阻害するデュタステリドを有効成分として配合したザガーロのジェネリックです。ヘアサイクルを正常な状態に戻すことを目的としたAGA治療薬です。有効成分であるデュタステリドは、抜け毛を引き起こす悪玉男性ホルモンのつながりを阻害します。

薄毛の原因となる「5αリダクターゼ」という酵素には、Ⅰ型とⅡ型の2種類がありますが、デュタステリドはその両方を抑制する力を目指しているため、優れた効果が期待できるのです。デュタプロスはザガーロのジェネリックであり、先発医薬品(ザガーロ)よりも低価格で購入できるため、髪の毛が少なくても簡単に治療ができることにつながります。プロペシアよりも有効性がしっかりしているので、最初は捨てていた方にもおすすめです。

黄色いカプセルの形状が特徴で、ザガーロ、アボダート、アボルブと同じされた成分が含まれており、ジヒドロテストステロンの生成を阻害する5αリダクターゼ3重阻害剤として知られる前立腺肥大症治療薬として日本でも承認されています。デュタプロスは、有効成分であるデュタステリドを応用したアボルブのジェネリック医薬品です。また、デュタステリドは、日本で承認されているザガーロカプセルと同じ有効成分です。