トリキュラー21

 

 

 

 

 

トリキュラーの解説(通販ショッパー)

トリキュラーは低用量ピルで最も人気のある商品。婦人科で処方してもらうのと同一製品をネット通販で購入することも可能です。ベストケンコーやオオサカ堂などの個人輸入代行サイトでは、正規品1ヶ月分を900円前後で販売しています。1年分以上まとめ買いできるため、時間の節約にもなります。トリキュラーを通販で注文した場合は、通常は10日~2週間前後で自宅に届きます。

バイエル薬品が製造するトリキュラーは、日本で最も処方されている標準的な経口避妊薬です。有効成分であるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルは、排卵を抑制することで避妊効果を発揮します。トリキュラーは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量を増やし、妊娠の設置を調整します。脳や図に妊娠したと思わせ、排卵、受精、着床の階層へのアクセスを抑制する効果があります。

トリキュラーを1年間継続して服用した場合の避妊効果は91%以上と報告されています。約21日ごとに服用することで、排卵を抑制し、受精卵が着床しにくくなります。排卵を抑制するということは、妊娠中に今までにない「妊娠しない」という人間特有の性質を利用して、スタイルがすでに妊娠している「疑似妊娠」を作るということです。

健康な妊娠と同じホルモン値にすることで妊娠を防ぐ方法は、1976年にドイツで初めて開発されました。日本では1987年からバイエル薬品が監修しており、最近では日本で最も処方されている経口避妊薬となっています。ホルモンバランスを整えることで、ニキビや吹き出物のチェック、生理痛や生理不順の緩和、貧血の改善などにも効果が期待できます。

日々変化する月経周期のホルモンに合わせて効果が発揮され、必要最小限のホルモンを配合していますので、必要以上に摂取することなく安心してお使いいただけます。トリキュラーは、女性ホルモンを分散させるための体の工夫を利用した避妊薬です。

「トリキュラー」と「アンジュ」はどちらも日本で承認されているお薬で、同一の有効成分が配合されています。トリキュラーからアンジュ、アンジュからトリキュラーへの変更は、実際の薬の順番に従えばいつでも簡単にできますが、薬の色が違うので混同しないように注意してください。

高い避妊効果を維持したまま、ホルモンの総配合量を減らすために、低用量ピルを使用することも可能です。低用量ピルは、排卵を抑制することで、卵巣や子宮を休ませ、ホルモンの最適化を一定に保つことができるため、避妊だけでなく、月経困難症、PMS、子宮内膜症、更年期障害、難治性のニキビなど、多くの治療に補正効果を発揮します。

トリキュラーは低用量ピルなので、ピルの中では最も副作用が少なく、正しく服用すれば避妊成功率は通常100%となります。日本では、1999年に「計画的な避妊を希望する女性に処方する経口避妊薬」としてトリキュラーが承認されました。トリキュラーはその確実な避妊効果と、40年以上にわたる様々なメリットにより、ほとんどの女性病院で処方される経口避妊薬として広く使用されています。