トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルプラックの解説(通販ショッパー)

ルプラックはトラセミドを主成分とするループ利尿剤です。個人輸入が禁止になったラシックスよりも利尿効果が高く、今では一番人気の商品となっています。「トール」や「ダイトール」といったルプラックのジェネリックを日本から通販できます。どちらも同じ効果ですが、少し値段の安いトールの方が人気です。

ルプラック(有効成分トラセミド)はラシックス(有効成分フロセミド)の10倍の排尿効果があります。トラセミドはカリウムを体内に留めておくことができ、低カリウム血症のリスクが低いのが特徴です。また、トラセミドは心不全の予後を良くすることが知られており、脂質代謝への影響も少ないとされています。

体内に蓄積された余分な水分を排出することで、体内の浮腫を改善します。特に顔や手足などの浮腫みを素早く改善します。ルプラックの主成分であるトラセミドは、不要・不必要な物質を尿と一緒に体外に押し出すため、優れたデトックス効果が期待でき、利尿薬として人気の高いラシックス(フロセミド)の代わりとしても非常に人気があります。さらに、体重増加の原因となる体内の血流量を減少させるため、降圧剤としても使用することができます。

ルプラックの有効成分であるトラセミドは体内に残った水分や有害成分を尿として排出することで、むくみを解消し、痩せやすい体に生まれ変わらせます。ルプラックの排尿効果は、摂取してから1時間以内に始まり、約6~8時間持続します。

ルプラックは、ヘンレ係蹄という箇所に作用して有利な排尿効果をもたらすループ利尿薬です。有効成分として強い利尿作用のあるトラセミドを含んでいます。また、血液中のカリウムが不足する状況(低カリウム血症)を起こしにくいというプラスの効果があります。血圧を下げる効果があり、浮腫みの解消にも有効です。

顔や手足のむくみ、お酒の飲みすぎや睡眠不足、月経などからくるホルモンの不調からくる女性特有のむくみなどを解消することができます。ラシックス(フロセミド)よりも利尿効果が高く、ダイエット効果も高く、コストと効果のバランスが取れています。ルプラックはループ利尿薬に分類され、この系統は最も健康に作用する利尿薬とされています。むくみの原因となる詰まった水分を体内に分泌することで、むくみを改善することができます。

ルプラックがこれほどまでに人気商品となったのは、ラシックスの商品として選ばれたからです。実はラシックスの成分はトラセミドではなく、フロセミドという成分で、それぞれ効果や作用が異なります。フロセミドは、電解質であるカリウムの体外への放出を抑える「抗アルドステロン作用」があり(カリウム進入性)、カリウムが尿と一緒に排泄されることで起こる低カリウム血症の副作用が少ないのが特徴です。

ルプラックの有益な尿路効果を適度に得るためには、容量を推奨範囲に調整して体内に取り込むことが重要です。適切な服用量を飲めば、体内に蓄えられた余分な水分を放出し、息苦しさを軽減し、さらに浮腫(むくみ)を改善します。