アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーの解説(通販イープラス)

シプラ社が製造するアジー(AZEE)は、ジスロマックのジェネリックで断トツの人気を誇る商品。品質とコスパに優れ、ベストケンコーやオオサカ堂、アイドラッグストアーなど多くの個人輸入代行サイトで一番売れている商品となっています。1000mg版でも1錠200円前後で購入できます。

アジーはインドで製造されたジスロマックのジェネリックで、250mg、500mg、1000mgがありますが、クラミジア治療の場合は1000mgが基本となります。性感染症が気になる方や臭いが気になる女性には、アジーによる早期治療をお勧めします。

アジーを使用する際にどのくらいの量にするかですが、性器クラミジア感染症では1回1000mg、淋病では1回2000mg、梅毒では1回1000mgを1日5日間使用するという取り決めがあります。あくまで一般論なので医療機関を受診し、医師の指示に基づいて状況に合った薬の量を服用するようにした方が良いでしょう。

アジーにはジスロマックと同じ有効成分のアジスロマイシンが含まれており、アジスロマイシンは細菌を殺菌する働きがあります。アジスロマイシンは、クラミジア、淋病、梅毒などの性感染症のほか、インフルエンザ、歯周病、膀胱炎などの病原体の作用を抑制したり、耳鼻咽喉科の治療にも使われるなど、幅広く使われています。

主成分のアジスロマイシンは、性感染症による雑菌を治療する薬で、淋病、梅毒、性器クラミジア感染症などの粗接触感染症とそれに伴う炎症の治療に用いられます。マクロライド系抗生物質の一つで、副作用が少ないという利点があります。先発医薬品であるジスロマックは、妊娠中や授乳中の女性にも処方されることがある安全性の高い医薬品です。

ジスロマック(アジー)は副作用が少なく服用しやすく、1回3日服用するだけで済みます。また、小児医療でも使用されている安全な薬として認められており、クラミジアに感染した妊婦さんにも承認されているため、とても人気があります。また、ジェネリック医薬品であるため、先発医薬品であるジスロマックよりも低価格で購入することができます。

アジーは、インドのシプラ(Cipla)社が製造・加工・販売するマクロライド系抗生物質です。マイコプラズマ、クラミジア、淋病などの性感染症の治療に使用されており、ジスロマックのジェネリックです。性交後のかゆみや性感染症などが気になる場合は、良し悪しを試してみてください。また、予防のために行為の前に服用するのも良いでしょう。

アジーは、アジスロマイシンを有効成分とする抗生物質で、マクロライド系に分類されるジスロマックのジェネリック医薬品です。アジーは先発医薬品であるジスロマックと同じ成分を含んでいるので、同じような効果があることが理解できます。